カテゴリ:自然環境( 247 )

 

延々と上り坂を行く

d0013739_13120242.jpg
話しはまだ続く。
婦眼まで来たんだ、ついでにとばかり小河内ダムまで行った。
昭和32年頃、高校3年生の時代に社会見学で、
建設中の小河内ダムへ行った。
帰りに石灰石採掘場やセメント工場も見学した。
東京にも鉱山があるのだ。
家は吉祥寺だったから奥多摩はそう遠くない。
あるときボクの発案でサイクリングを計画。
クラスの男子15名ほどが参加した。
自転車屋でサイクリング車をレンタル。青梅街道をひたすら西へ。
始めは良かった。だが青梅を過ぎる頃からは難行苦行の連続。
青梅渓谷沿いの道はひたすら上流へ上流へと続いている。
当然道は登り一方。上ったり下ったりしつつも総じて道は延々とダムまで登る。
若いからできた。今車で行く我が身にはよくもまあという感が強い。
往復120km。脚はもちろんくたくた。
それ以上にサドルに当たる尻が痛くて参った。
山にもよく通った。奥多摩はボクの山登りの原点。
何もかも青春時代の思い出である。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-04-13 09:00 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

日本は雪国だ

d0013739_12053250.jpg
日本海側は大雪でも日本列島の背嶺を超えれば晴天が続くというのが日本の冬の気候。
関東に連なる山々の積雪量は大したことはない。
スキー場だって雪不足に悩むことがある。
それでも雪の多くない栃木の山だってこの程度の雪山にはなる。
日本は世界有数の雪国だ。

[PR]

by natsuman | 2018-02-14 12:04 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

今年の大雪

 d0013739_10144946.jpg今年の各地の雪は異常だ。冬には必ず雪が降り、積もるという地域であっても、これほどの積雪は滅多にない。四国や九州でも雪が降るとはねえ。豪雪災害も頷ける。
 各地でトラックが立ち往生した。肝心の物流が滞っては消費者への影響も大きい。トラックの立ち往生は一地方とはいえ地域住民にも影響がある。身体に脈打つ血液が流れなくなったに等しい。トヨタの看板方式のように合理性を求めれば、物を貯め込まない方式が無駄のない理想ではあっても、それが滞ってはときに地域の生死ににも繋がる。日本の国内消費経済の弱点が雪にもあるとの感が募る。
 同じようなことは前にもあった。雪ではなく放射性物質。東北大震災の二次被害。津波による原発のメルトダウン。致命的破損だ。その時と同じ。
 いつもながら最後の頼みは自衛隊。災害救助出動に大きな期待がかかる。だが災害対策は本来は行政がすべきこと。自衛隊員の本業ではない。言わずもがなだが自衛隊の本質は国土と国民の軍事防衛にある。そのための組織固有の自己完結機能が災害救助に力を発揮している。そう認識することをどれだけの人が実感しているだろうか。
d0013739_10152087.jpg 自衛隊にとって災害救助は副業に過ぎない。そう理解しわきまえるべきなのだ。それにしては自衛隊員に感謝する報道が見られないのは感心しない。ここは素直にご苦労様、ありがとうと声を挙げるべきだ。 
 なお制服が目立つためか報道は隊員ばかりがせっせと手作業している光景ばかり。今どき何事にも作業は重機が中心。人力作業は敬遠されるが、やはり最後は人力作業に頼らざるを得ない。それにしては肝心の被害者側の人々の必死の作業姿があまり見られないのはどうしたことか。もちろんあっただろうとは思う。ただもう少しその報道があっても良かったなと感じたのはボクだけか。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-02-09 10:19 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

経木に竹の皮

d0013739_16384304.jpg
今ではもう殆ど見かけなくなったが経木というものをご存じだろうか。
木を薄く削いだ、というよりは木を鉋で削り剥がした薄い木の皮様のものである。
これを書いていて、実は今の人にこれをどう説明したらいいのか悩んだ。
経木としか云いようがないからだ。今の若者にはもう死語かも知れない。
昔はこれで食品の多くを包んだ。例えば納豆。
朝早く住宅街に自転車で納豆売りが来る時代があった。
その折、三角に包んだ納豆の旁らに黄色い辛子をべタっと塗りつけて渡された。
その辛子の香りが今も鼻の奥に残っている。
そればかりではない。家庭のお総菜を買うと大概この経木に包んで渡されたのだ。
佃煮だとか、煮豆だとか、コロッケも。
思えばこの経木で包装の多くを賄っていた時代の方が地球に優しかった気がする。
よりエコロジカルだったのだ。
まだ今のようにプラ製品が氾濫する前のことである。

この経木、鶯宿温泉の宿の土産売り場にあった。
何枚入りだったか覚えていないが、確か500円だったような気がする。
かって盛んに利用されていたこの便利な包装用品。
もう実用品の時代ではなくなった。
それがなんと郷愁のお土産に生まれ変わったというわけ。
でも買う人はさすがにいなかった。

似たようなものがもう一つある。竹の皮だ。
いつぞや何かの包みにこれが使われていた。
何だったかは忘れたが、馬鹿に郷愁を覚えたものだった。
思わず、この次、何かの機会に、おむすびを包むのに使おう。
そっと引き出しにしまった。
まだどこかにある。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-01-22 08:31 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

海は見えるか

d0013739_08460294.jpg
高校時代は吉祥寺にいた。
住まいは杉並区から僅か100mにもみたない場所。
でも武蔵野市。いわゆる都区内ではない。
それで学区は多摩。高校は毎日中央線で西へと通った。
成績優秀なら都立西高校へ行く道はあったが、そこまでの学力はない。
A,B,C,D級とレベルがあって、一応AとBの中間くらいだったが、
もっと上の学校へ行くべきだったと悟ったのは後のこと。
この選択が人生の分かれ道の一つだったかも知れない。
今もなぜあの学校に行ったのかと思うことしばしば。
でも大らかな高校生活が送れた。
以来、東京生まれの田舎育ちと自称している。
そのクラス会が毎年ある。その度に誰もが云うことがある。
館山はいいねー。海が近いし魚が美味いだろう。海が見えるかい。
とまるで別荘暮らしみたいに云う。
オー見えるよ。と一応は答える。
だが海辺はね潮風がきつい。住民はそれを避けて山陰に家を建てるのさ。
海岸で海と向き合ってるのは別荘だけさとも。
確かに我が家からも海は見える。富士山も見える。高台だからね。
ただし海は1キロも先。しかも見えるのは北西方向の限られた部分。
それも後に電柱が立ったお陰で見栄えがしない。
海が見えるのは確か。でも華々しく正面に見据えているわけではない。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-11-12 09:39 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

海の見える町

d0013739_08450197.jpg
館山湾の奥、海岸通り沿いに今も昔のままの土地がある。
元造船所だったという。その名もずばり館山造船。
1963年にこの地へ来て以来、同じ姿をさらし続けてきた。
海中へ延びる僅かなレール跡が造船所だったことを物語っている。
海岸や港内が公共地なのにここは私有地だ。
海辺の町にとって海辺の土地は利用価値のある場所。
だが50数年、有効利用された形跡はない。
その先、同じ海岸道路沿いに元水産高校の校舎がある。
総合高校の水産校舎としてなお利用している。
とはいえ広い土地と建物は空き屋同然だ。
お陰で海岸通りもこの辺りは夜が暗い。
何とか海辺の町らしく有効利用出来ないものか。
沖には海自の掃海母艦と練習帆船が。
もしかしたら”うらが”と”海王丸”か。
いや”ぶんご”と”日本丸”か。
いつぞやの風景である。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-07-31 09:01 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

館山湾は鏡ヶ浦

d0013739_09411805.jpg
館山湾は別名”鏡ヶ浦”と云う。
太平洋に突き出た房総半島の先端は押し並べて海が荒い。
遠く離れた海域で発生した風波がいつもうねりとなって押し寄せる。
風はなくてもうねりは押し寄せ、磯波や砂浜に追い寄せる波が消えることがない。
だが夏の一時、鏡のように静かになることがある。
かくして昔の人は白砂青松の海岸の沖に広がる海を”鏡ヶ浦”と名付けた。
今朝が正にそれであった。

かって沖合には島が二つ並んでいた。
沖の方の島を"おきの島”。手前海岸に近い方の島を”たかの島”と呼んだ。
”たか”とは手前とか地に近い方とかの意味である。
昔の人は、”遠い近い”、つまり”遠近”のことを”おきたか”と表現した。
その”たか”にどのような文字を当てるのか分からない。何方か教えて頂きたいものだ。

その二つの島が”沖の島”、”鷹の島”と呼ばれて既に久しい。
その間が埋め立てられ、出来上がった広い土地は館山海軍航空隊基地となった。
今は海上自衛隊館山航空基地となっている。昔は水上機が、今はヘリが飛んでいる。
今も”島”とは呼んでいるものの両島とも陸続き。歩いて行ける。
d0013739_09404947.jpg
早朝5時半。夕日桟橋は人で賑わっていた。みな釣り竿を手にしている。
釣れているようには見えない。
早朝の海辺は気持ちが良い。気持ちよさそうに寐ている人もいる。
都会からの家族連れや子供たちにとっては楽しい思い出になるだろう。

”鏡ヶ浦”と名称がつくだけにここは沿岸航路の船舶の恰好の避泊地でもある。
沖合いに日本丸だろう。練習帆船が静に憩っている。マストが霧の中に霞んでいた。
「白帆眠れ~る、鏡ヶ浦に~・・」と安房節に歌われた情景が今眼前に広がっている。
d0013739_09420526.jpg
夕日桟橋だからといって夕日ではない。これは朝日である。
水に映る朝日はここまで来ないと見られない。

(追記) 日本丸かと書いたが、これは海王丸だそうです。
両船とも遠目には区別がつかないが、救命艇の色が違う。
日本丸はオレンジ色。海王丸白色。
何故違うのか。それはまた後ほどに・・・・。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-07-08 09:50 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

竹代わりの柳の木

d0013739_09161752.jpg
東京の人が柳で思い浮かべるのは銀座の柳だろう。
今も柳が緑の木陰を作っているかどうか知らないが。
ボクが思い出すのは札幌。
北海道ならポプラだろうというのは内地の人。
そう北海道人は本州のことを内地と云いましたな。
何せ連絡船に乗らなきゃ渡れない海の向こう。
洞爺丸に乗ったなんて云えば歳が知れますか。
d0013739_09170549.jpg
7月7日は七夕の日。
願い事を書いた短冊を竹に結び、星に祈る。
その竹である。だが北海道にクマザサはあっても竹はない。
七夕の飾りに竹がなくてはと代わりに使ったのが柳。
道庁の池の周りにあった柳の小枝を採ってきては飾りに仕立てた。
d0013739_09172223.jpg
家を出て右へ行けば北大植物園。左へ行けば道庁。
昔は今以上に緑豊かなところだった。
だが米は作れない。冬は野菜がない。竹はもちろんない。
売りに来る物干し棹は海を渡ってくる。べらぼうな値段だった。
一本1500円ほどもした記憶がある。アイスキャンデーが一本5円の時代である。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-07-07 09:27 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

浜に長城を築く

困った。昨年新調した眼鏡が行方不明。
土曜日の午後、草を刈った。大仕事だった。
病では出来るはずもないが、床に伏していて刈り時を逸したのだ。

その静養も兼ねて週の初めに温泉に行くつもりだった。が眼鏡がなくては・・・。
もちろん探しに探した。もしかしてと三度も膨大な刈草の中を探した。だがない。
でも作業の最中とは云え眼鏡が外れるなんて普通はあり得ない。
どこかに自分で外して置いたに違いないと思うのだが記憶がない。
とりあえず古い眼鏡で我慢してる。慌てて再注文したら出てきた何てことのないように。
d0013739_09203849.jpg
梅雨時で天候は晴れない。気持ちも晴れない。
気分を変えようとぶらぶら海岸沿いに北へ車を走らせた。
外房から九十九里へと。見慣れた沿道の景色が大分変わったのを実感する。
九十九里有料道路は工事のため閉鎖中。
かさ上げして津波対策用の堤防にするらしい。

九十九里は幼少の頃からの曽遊の地。
また仕事でもしばしば通った。あちこちに思い出がある。
d0013739_09205316.jpg
しかし有料道路のお陰で広い浜が分断され浜は容貌を変えた。それでも広いが。
一角に旧九十九里センターがコロッセウムの如く威容を誇る。
その旁らに、海に向かって”智恵子抄”がある。
だが有料道路によって斯界を遮られてしまった。
智恵子は海が見えなくなって悲しんでるだろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-06-29 09:30 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

野ウサギが

d0013739_09032652.jpg
昨日、リハビリから帰ってきた時、我が家への小道に黒っぽい小動物がいた。
あれ、何だと思った瞬間、ピョコンピョコンと坂を登って行った。
ありゃ、これは野ウサギじゃないか。こんな所でこれは珍しい。
黒っぽく見えたものの良く見れば濃い焦げ茶色。耳は短く、腰は老人みたいに落ちている。
それでいて後ろ足は長い。やはり野ウサギだ。
とっさにカメラをと思ったがそんな余裕はない。ゆっくり車で後を付けながら見守った。
やがて近くのお宅へ走り込み、車の脇で一度立ち止まってこちらを伺い、やおら城山の藪に潜り込んでいった。野ウサギの習性そのままに。
これまでも我が家の周辺にはいろいろな動物を見かけた。
鳥類はキジ、ヤマドリ、コジュケイ、その他諸々の小鳥まで。飛んでいる鳥を含めれば種類は数え切れないほどに。
四つ足つまり獣類はイタチ、タヌキ、ハクビシン。そこへ今度の野ウサギが加わった。
猟をしていた頃は畑廻りでよく見かけた。糞が落ちていれば近くに必ずいたものだ。
しかし、いくら田舎でも住宅地に出てくるのは珍しい。これも過疎化の影響だろうか。
自宅から望む向山では既にシシの発見が話題になっている。庭先の畑にイノシシが出るのももう時間の問題だろう。
画像はnetからの借用。出来るだけ実見した印象に近いものを使用した。

(蛇足) 一口にウサギと言うがラビットとヘアーの2種がある。
 日本で動物園やペットとして飼われるウサギは欧米由来のラビット。
 だが日本の山野にいる野ウサギはヘアーである。
 日本の野ウサギとヨーロッパの野ウサギは違うのだ。
 ラビットは地下に巣穴を掘るので通称穴ウサギとも云う。
 それが原因して農地にやたら落とし穴が出来る。
 だから欧米の農家からは嫌われる。一方その愛らしさからピーター・ラビットの話も生まれた。
 でも因幡の白兎の神話はあっても、日本にピーター・ラビットはいない。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-06-15 09:23 | 自然環境 | Trackback | Comments(2)