2018年 09月 30日 ( 1 )

 

ワイン検定

d0013739_16002841.jpg
 ご当地にこんなに眺めの良いホテルがあるとは知らなかった。建物があるのは知っていたが、その三階のレストランから大きな窓を通して眺めると、ああ、なるほどここ西岬地区は別荘地だな、館山湾を眺める格好の地だなと良く分かる。海岸沿いの隆起した小高い丘の上にあるから眺望絶景である。
d0013739_16393629.jpg
 そこで思い出した。ご当地は館山湾が景色の主体だ。地元の方は案外それに気がついていない。ところがそれを眺める場所となるときわめて限られる。船形の崖の観音か、城山か、もう一つはさる山の上の保養所改装のホテルくらいか。そう思うとこのホテルはなかなかの価値があると気付かされる。何方かに紹介するのにはもってこい。
d0013739_16465534.jpg
 ところがここ会員制ホテルである。一般客は泊めない。不意のお客さんは全くの対象外。しかも建物の大きさの割りに部屋数僅か15室。普通のホテル稼業では到底採算が取れない。元が保養所だったから部屋のスペースがとても広いのだ。というのはホテルの若きオーナー上田さんである。この御仁、社会に出てから社長業しか経験していないというとんでもないやり手。風貌いかにも熱血社長でnetで調べると華々しい経歴の持ち主だ。館山市はこういう意気盛んな御仁のご意見を上手に利用すべきだろう。もちろん良い意味で。
d0013739_17020469.jpg
 そこでこの夏からワイン検定が始まった。日本ソムリエ協会が母体に全国のホテルで一斉に開かれているという。講義と試験、その後はお料理とワインでのお楽しみ。そのワインパーティに我らも参加した。ワインはもちろんお料理もなかなか結構で次の機会が楽しみである。

 なお、受講者の皆さん、必死のお勉強の成果もあって全員無事に合格。ブロンズクラスの合格証が後に届くという。我が家もこれからはワインを飲む度にますます小うるさいことになりそうだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-09-30 16:48 | 美味佳肴 | Trackback | Comments(0)