平昌開幕

d0013739_11145834.jpgいよいよ厳寒の平昌で冬季オリンピックが始まった。
別に期待していたわけではない。でも開会式ぐらいは観ようと構えた。
だが意に反した。おおコレはと思わせるものが無い。
一番肝心の選手団入場も精彩を欠いた。音楽がミスマッチ。アレレこれは一体何だ。
東京オリンピックのときのマーチに乗って入場した選手団の誇らしげな顔が思い出される。選手はもちろん観客も、さらにテレビに釘付けになった全国の人々も同じように興奮の渦に包まれたものだった。
だが平昌では観客席に何やら電照装置を設置したためか、肝心の観客が居るのかいないのかさっぱり分からない。
観客席の人々の興奮は式典の盛り上げに絶対必要不可欠。それが如何せんさっぱり見えない。まるで観客なしの入場行進。入場選手団の一人芝居では盛り上がりようがない。はしゃいでいる選手が気の毒にも見えてくる。
式典もいかにも田舎芝居風。二番煎じばかりの感か。これでは花火が上がるただの夜祭りだ。過去の成績を挙げては韓国選手の功績をたたえるのもいささか鼻につく。
それでもホーと思ったことがある。一つはゲレンデに登場した五輪マーク。これは意外性が効いた。もう一つはオリンピックにつきものの鳩が実はドローンだったこと。またそれを使ってどうやって夜空に像を作り上げたか、いささか不思議に思った。
だがそれだけ。正直言って面白くなかった。爺は日頃早寝である。それが遅くまで起きていてはいささか損した気分に・・・。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-02-10 11:34 | スポーツ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/26454927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 遙かに建国を寿ぐ 今年の大雪 >>