軽装に過ぎる

d0013739_10153832.jpg
このところ毎日、房州には強風が吹き荒れている。
この地には”おおにし”と固有名称を付けられた北西風がある。
一度吹き始めると3,4日は続く。
それを避けて住民は山の陰へ陰へと家を建ててきた。
海が眺められる風光明媚な土地に建つ家はみなそれを知らない。
海岸の別荘は目も当てられない。
我が家も高台の風当たりがいい場所にある。
幸い山の南西斜面だから北西風は後ろを通り抜ける。
しかし、あたり一面塩だらけは避けられない。
風は潮風だ。車のガラスには塩の花が咲く。もちろん家も。
これさへ無ければと市民は歎く。
しかし、この風、テレビで伝えられたことがない。
東京は穏やかな日和ですなんて時に、ややもしてそうなのだが。

街頭に立つコートにマフラー姿のお天気キャスター。
正に冬の名物でそれはそれでいい。
だが、スタジオには違和感が立ちこめる。
女性アナのこの襟ぐりの広さ。室内とはいえ冬の季節の衣装だろうか。
男性アナがきっちりとネクタイを結び、明らかに冬の姿いなのに。
スタジオは暖かく、それで支障は無いのだろう。
でも日本には季節というものがある。
晩餐会ではなし。イブニングドレスまがいでもない。
視聴者は全国にいる。北国は猛吹雪と伝えるときもある。
その時、寒さと対峙している方もあろう。
そのアナがこの姿では。違和感なしとは云えまい。
 古今東西、男は女を脱がせたがる。女は薄着になりたがる。
  歴史はそれを繰り返してはいるが・・・・・・。

なお日本の国使が初めて米国へ派遣され、日本人が大歓待を受けた時、
日本人は驚いた。宴にはみな女房を同道。
男の洋服姿はよいとして、女はみな肩も露わなイブニングドレス。
それを称してみな”もろはだ脱ぎ”だったと驚き記している。
ま、そこまでは言わないが・・・・・。(笑)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2018-01-12 10:17 | 季節折々 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/26342456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 飛行機とは墜ちるもの 名簿はやっぱり必要 >>