老化故の終焉

d0013739_10143354.jpg
趣味道楽というものは、それに夢中になっている時が華。
面白く愉快に没頭している間、後先のことは目に入らない。
それだけにそれを終わりにしようとした時、愕然とするものである。
特に老齢化という難問に向き合わなければならないのは辛い。
例えそれが知的なものであっても今は認知症などが迫ってくる。
ましてや身体運動を伴うものであれば、肉体の老化、運動能力の激減にいやが応もなく突き当たる。
しかも如何に無駄な努力をしてきたかとも悟らされて・・・・。

と云ってもある種世界の最先端を風を切って歩んできたわけではない。
それは平々凡々に尽きる。
まして今は高々しれた給与生活のなれの果て、年金暮らし。
立志伝中と騒がれるような波乱の人生を歩んだわけでもない。
さしたる蓄えがないのと同様に人生経験も谷がないのはいいとしても大きな山もなかった。
如何に大口を叩いてもそれでは大したことがあるはずもない。

過去の自分の世界を切って捨てていくのは実に偲びがたいものだ。
どうやら最後の趣味道楽となった射撃や砲術の道と縁を切らなければならない。
何よりも身体の運動機能が伴わないと自覚せざるを得ないのが辛い。
目の衰え。反射能力の後退。筋肉や関節の動きの低下。自覚せざるをえない。
クレー射撃がとにかく当たらない。射撃にならない。これではただの射撃ごっこだ。
所持許可が再来年の5月まである。それまでは何とか維持したい。
がこの後なお一年半も憂鬱に悩まされそうだ。
後は湯に浸かるぐらいしか楽しみがない・・・・・・・。そう年賀状に書いた。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-12-22 10:15 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/26256841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 種子島 at 2017-12-23 17:12 x
今秋の猟期前射撃の鴨川射場で夏丸さんを拝見できず今年はどうしたのだろうと思っていました。
私もそろそろ70歳になります。館山城を背景に火縄銃を手にした表紙の広報誌は今も持っております。
Commented by natsuman at 2017-12-24 09:43
コメントありがとうございます。
直に80ですは。一応元気ですが運動能力の低下はどうにもなりません。
膝・肩の痛みに呻吟し射撃は丸っきり当たらなくなりました。
あとは実績を付けるためのただの射撃ごっこです。
情けないですが仕方がありません。誰しもが迎える宿命です。
ご覧いただきありがとうございます。

<< 天皇誕生日を寿ぐ トイレにテレビか >>