明け初めし頃

ドアを開ければ雲一つない満天の星空だった。
こりゃあ、双子座流星群の観測に絶好!
と思いきや、何だか星の瞬きが少ない。
空が明るすぎる。
曙というのがどの時期を指すのか良く分からない。
東方の空に赤みが差してきた頃だろうと見当を付けるが、
それにしては随分と明るい。空気のせいだろうか。
三日月も残っている。
d0013739_08344086.jpg
まだ日は顔を出していない。なのにこの明るさ。
天守に日が当たっているわけではない。
といって月光が差しているわけでもない。
空気が冷たい。透きとおっている。
d0013739_08344648.jpg
伊豆半島方面はピンクと青の二色、上下に染め分けだ。
まだ暗い青っぽい陰の中に薄らと富士が見える。
やがて雪の射面にモルゲンロートの赤みがさしてくるだろう。
この山頂にも凜とした空気が漂う。向こうはさらにだ。
やがてラジオが鳴り出す。体操の時間。
今朝もまた頑張った。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-12-14 09:05 | 季節折々 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/26231893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 広告noはいらない 早朝は美しい >>