クラブは排他的

d0013739_14362750.jpg
クラブとは、どんなものにしろ、会員制であることが本来の姿である。
もちろん会員以外はそのクラブを利用できない。
ゲストとして利用できることはあるが、会員のゲストとしてである。
会員の同行もなく、縁もゆかりもない人がそこでプレーすることは適わない。
則ち排他的である。
かつ、それがクラブという組織の絶大的な魅力でもある。

東京五輪のゴルフ競技会場に予定されたゴルフ場が変更になった。
そのゴルフ場、会員は男性のみ。
それでは男女分け隔てなく行われる五輪競技にふさわしくないと小池知事は云う。
誰が云ったか。排他的だと。

だがクラブとは元々排他的なもの。
そんなゴルフ場を選んだ方がおかしい。
ふさわしくないなら選ばなければ良いだけのこと。
つまり他のゴルフ場にすればいい。
クラブ側も困惑だろう。
クラブ側の今後の出方を見守りたい。
もしゴルフ場側が折れたら、それはろくなクラブじゃない。
なお、人類最初のクラブは女なしがうたい文句だった。

[PR]

by natsuman | 2017-02-04 14:39 | 時事世論 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/23820664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 混乱こんらん 明け方の火災 >>