法要と納骨

d0013739_09473436.jpg
七日ごとの供養を重ねて7回。
四十九日の法要を迎えて納骨に至る。
これで仏となってご香料もご仏前へとなる。
遺族はこれでしばし安堵。
新盆を迎えるまでは。
真言宗の寺の本堂の真後ろ。
一番の場所に墓がある。
狭い地区である。
墓地まで狭い。
それにしては石塔に高級品が・・・・。
近頃は中国産のピカピカした石ばかり。
銘石小松石は珍しい。
家人の実家の墓地であった。

[PR]

by natsuman | 2017-01-21 09:58 | 冠婚葬祭 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/23792474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 孫の雪遊び 晴天の日 >>