大店 三井越後屋 7/5

d0013739_8535886.jpg
 昨日、東京へ出たついでに東京大江戸博物館に寄った。ここは良くできたジオラマが沢山あって面白い。
 常設展へ入るといきなり往時の日本橋を渡ることになる。そして大名屋敷から庶民の暮らしまで江戸の暮らしが細かく展示されている。
 画像はその一つ。大店・三井越後屋。つまり三越である。その店内の様子。実にリアルに出来ている。しかもその店の規模の大きいこと。これまで何かで見たのは通りに面した店先のほんの一部であったのだ。なるほど大店ではある。
[PR]

by natsuman | 2012-07-05 09:01 | 教育学習 | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : https://natsuman.exblog.jp/tb/16241831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tokyokid at 2012-07-05 10:08 x
お説のように、大江戸博物館はとても面白いところです。三越のほかにも、興味深い展示物がたくさんあります。両国の国技館の隣というのも、風情があって、私も好きなところです。近くには、池波正太郎の「鬼平犯科帳」にでてくる軍鶏鍋やの「五鉄」のモデルといわれる「坊主しゃも・丸屋」もあるし。
Commented by お仙 at 2012-07-05 16:15 x
入場料がとても高いので、まだ行っていません。
でも、そんなに面白いなら、行ってみようかな。
お写真をみただけで、大変興味深いところだと分かります。
                  (*^_^*)b
Commented by natsuman at 2012-07-06 09:53
お昼は館内で摂るつもりで、ゆっくり時間を取ってお出かけになるといいです。今回はちょっと時間(2時間)がありませんでした。
なお65歳以上はお安くなってます。それ故か、高齢者と外人が多かったです。

<< 妙な看板 7/5 東京は暑い、いやややこしい 7/4 >>