ソラマメが美味い

d0013739_09414804.jpg
美味いなあ。美味しいわねえ。
房州に住んで何が美味いかと云えば、まずこれ、ソラマメ。
房州産、いや白浜産が美味い。
今やこの時期の楽しみである。
冷たいビールでこいつをやる。初夏の楽しみだ。
スーパーに沢山出回るから以前は買い求めていたが、
後には農家から直接分けていただいたりもした。
近年は頂くことも多い。
しかも数年前からは自前もある。
今年初の収穫。何しろ産地と消費地がめっぽう近い。
テーブルから直線距離にして僅か10数m。
そこから直行。採れたてである。
青々さがまぶしい。皮も柔らかい。そのまま食べられる。

但し、そうなるにはまずは収穫しなければならない。
以前、大きな畑で好きなだけ採っていいよと云われた。
慣れない身で夢中でもいだが、考える以上にしんどかった。
そりゃあ欲がそうしたんだ、とは陰の声・・・・。
我が家の小さな菜園でも膝の痛みを抱えている今の身には同じようなもの。
這いずり回って収穫するのが苦痛に近い。
サヤから豆も取り出さなければならない。
面倒だが慣れればポンポン剥けるし、1回限りの量では大したことはないが。
とはいえ何ごとも食膳に上げるには手間が要る。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-05-09 11:00 | 美酒佳肴 | Trackback | Comments(0)  

良い季節になった

d0013739_09151939.jpg
しばらく前、なんだ情けないなあ、このみすぼらしい藤棚は、
と見下していた城山の裏階段のフジがひっそりと、
でもきれいに咲いていた。
そういえばもう20年も前になる。
いつまで経っても花を付けない庭のフジに相曽をつかして
とうとう我慢しきれず引っこ抜いたことがある。
あれでも我慢していれば今頃はしっかりと花を楽しませてくれたろうに。
毎年、フジの季節が来る度に思い出す。
d0013739_09153997.jpg
粗末な苫屋暮らしの我が家。そんな庭にも季節は必ずやってくる。
陽光にほだされてほんの少し輝きを増す。
そう。ハイネの詩にもある目眩く五月の輝きだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-05-07 09:28 | 季節折々 | Trackback | Comments(2)  

狭まる世界

d0013739_13233210.jpgnetで面白い画像を見つけた。この猫ちゃんの行動範囲はいかばかりか。
考えてみると、我が身の行動範囲も随分と狭い。
ちっぽけな家。ささやかな庭。ほんの僅かな畑。小さな書斎。
外に用がなければ終日そんな中で時が過ぎる。
健康活動はたかだか60数mの小丘登山とそこでのラジオ体操。
その山裾の周りを廻ってほんの少しウオーキング。
そして週に一度のスイミング。
それさえ終われば後は苫屋の暮らし。
街の背を向けた庵では街の賑わいさへ縁がない。
街のイベントなんて気がつくこともない。
日々の糧は近くスーパーで済む。出掛ける先は決まってる。
旅は専ら温泉目当て。駆け回るよりはじっと湯に浸かる。
飛行機は乗りたくない。海外なんてまっぴら。
ともあれ老身の行動範囲は年々狭くなる。
何れはもっと狭いところに入るのだし。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-05-05 13:51 | 暮らし | Trackback | Comments(2)