あな恐ろしや、か

d0013739_09363686.jpg
もしも身近に危険が及んだ時、あなたはどうするか。
何かの拍子で、子供を連れた母子が熊と出会ったとする。
日本人なら、子供を守ろうと胸に抱え込み、熊に背を向けて縮こまるのだそうな。
西欧人は、子供を背に隠して熊と正対。毅然とにらみつけて立ちはだかるという。
この違いは大きい。日本もその姿勢を見習いたいものだ。

今日本には、直接狙ってるわけではないが、大きな危険が迫っている。
まかり間違えば歓迎せざるべからずものが降ってくる可能性がある。
ましてや狂人にも思える将軍さまのこと。そこに何が載っているか不安がある。
日米安保条約の下、何かことがあればアメリカの反撃はあるだろう。
だが惨禍が起きてからでは遅い。小さな郷土は消えかねない。
左様、相手が狂人では核の傘も効果がない。
蛇の目傘の方がまだマシとの卓見もある。
TVでの巷の反応は「あら怖いですね」で終わり。まこと緊迫感を欠く。
何れにしても平和ボケは手をこまねいてただ事の過ぎるのを待つだけか。
青い目の母親のようにキッとにらみ据えるような姿勢を日本は持てないのか。
それが情けない。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-08-12 09:42 | 時事世論 | Trackback | Comments(4)  

早とちり

d0013739_10461702.jpg
米軍のオスプレイが豪州沖で演習中、墜落したとニュースがあった。
オスプレイは飛行特性上、色々問題ある航空機だと日頃取りざたされている。
同機の飛行をことあるごとに騒ぎ立てるのはある種のグループの人たちか。
マスコミはそれっとばかり飛行自粛を書き立てた。
だが今回の事故は墜落ではない。明らかに着艦しようとした際の突発的な事故。
パイロットの操縦ミスによる着艦事故だろう。
こういうことは一般のプロペラ機でもジェット機でもヘリでも起きる可能性がある。
オスプレイの特性とは何ら関係がない。
がそれをもってその機種の飛行特性が問題とは関係者は誰も云わない。
パイロットは誤って母艦デッキ後端に機体を接触させてしまう。
結果コントロールを失って艦尾海面に落下。それを墜落とした。
鳥だって何かに当たれば落ちる。
言葉をセンセイショナルに取り上げて一方的に騒ぎ立てるのは、
これぞマスコミの特性というもの。
誤解も甚だしいとすべきだろう
小野寺防衛大臣が自粛を要請する性質のものではないと発言するのも納得がいく。
今日、情報が多すぎる。フェイクとはいわないものの、
誤解に基づくものも多い。マスコミ情報は嘘か実か、話半分と自覚しよう。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-08-11 10:54 | のりもの | Trackback | Comments(0)  

館山湾花火大会

d0013739_09121652.jpg
一日順延の花火。一気に夏日よりの下で開催。
心地よい丘風で煙は沖へ沖へと・・・・・。
年ごとに華やかさを増してくるようで豪勢。爆発音も心地よく良い花火だった。
欲を云えば、よく冷えたモーゼルワインが欲しかった。

夕日桟橋の特等席で夜風に吹かれながらふと思った。
この花火、あと何回見られるだろうか。
母親の歳まで頑張っても10回はないだろう。

また思った。この花火のように、我が人生は、例え僅かな瞬間であっても光り輝く時があったろうかと。
そんな思いで次々と打ち上がる火のページェントを見つめた。
d0013739_09130696.jpg
発火は電気信管を使っているのだろう。
往年のように花火師が真っ赤に焼いた鉄片をもって走り回るような光景がない。
その内、AIを使ってなんて日が来るかも知れない。
これで今年も夏の半分が過ぎた。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2017-08-10 09:17 | イベント | Trackback | Comments(0)