木の根の力

昨年の7月にも松島へ行った。暑い時だった。
遊覧船で島2ヶ所に上陸。さらに渡し船で渡って徒歩にて横断。
日陰と涼風を求めて駆け抜けた。いやー暑かったー!
その同じ松島だから大した観光はしない。
d0013739_08293192.jpg
ふと目に付いた旁らの名勝地・観覧邸。その裏に妙な岩を発見。
良く見れば裏も表も、どっちが表だか分からないが、五輪塔がいくつも刻まれている。
これは一体何じゃとチケット売り場の女性聞くが分かりませーんとつれない返事。
どうみても衝立のような岩。下部には窓まで開いている。
五輪塔なのだから何か由緒があるはずだが。
d0013739_08294222.jpg
良く見ると木の根が岩を見事に割っている。
それどころか、その割った岩をさらに梃子の原理でか、押し広げ持ち上げている。
何とも凄まじい木の根の力だ。
そう言えば盛岡市内の岩手県庁の前にも石割桜というのがある。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2018-01-19 08:55 | 旅と温泉 | Trackback | Comments(0)  

雨に変わった!(修正)

d0013739_12423113.jpg
天童からさらに南へ。
南に向かっているからではないが暖かい。昼には雨になった。
先月訪ねた上山温泉を横目に南陽市から米沢に。
お昼は米沢牛のすき焼き。これにはうんざりだ。
昼は簡単なものでいい。というより、ごく簡単なものがいい。
どうもツアーの昼食は苦手だ。後で体重計に乗るのが怖い。

米沢からさてどっちへ廻るか。
栗子峠を越えてかと思いきや、そのまま南下して何と大峠越えだった。
車の行き合いの少ない道路はトンネルばかり。除雪が効いていて傍目にも走りやすい。
あっという間に喜多方へ。会津盆地の何と雪の多いことか。
一面真っ白。この地の人々の苦労が分かる。
しかし雪はここで終わり。坂を下って郡山市内に入る頃には雪は跡方もなかった。
これにてミステリーツアーは終わり。
宿泊はどこも事前に分かったが、廻るコースは以外に予想を点いた。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2018-01-18 14:32 | 旅と温泉 | Trackback | Comments(0)  

江戸のインスタント商品(修正)

d0013739_19562740.jpg
お土産ように懐かしい物が売られてた。蔵の街、増田でのこと。
画像の左側、赤い包みに注目。
懐中しるこ・160円とある
これぞ日本初のインスタント食品。懐中汁粉である。
乾燥させたアンコと餅が入っている。
湯を掛ければ直ちに汁粉ができあがる。
これ江戸時代の産物だ。
インスタント食品の知恵、日本人はえらいね!
江戸の人々はこれを懐中汁粉と銘打った。
懐中ね!
 確かに携帯にベンリダ。
でもこれを知ってる人は少なくなった。
この伝で行けば、携帯は懐中電話。
スマホは懐中パソコンというわけか。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

# by natsuman | 2018-01-17 19:54 | 旅と温泉 | Trackback | Comments(0)