不注意はイージス艦

d0013739_09275179.jpg
いつぞや伊豆半島沖でおきたイージス艦とコンテナ船との衝突事故。
米艦側は衝突されるまで誰も気がつかなかったという。
見張り不注意だ。
前にも書いたように海上交通の安全確保は今の時代も帆船の時代とさして変わらない。
基本はあくまでも人の目による見張り。いかに電子機器満載の現代艦船であってもである。
ところが米艦は衝突するまで全く気がつかなかった。

あるブログが妙なことを展開していた。多少知ってる男だ。
この事故の原因は、当初から一方的にコンテナ船にあると主張した。
なぜか理由も示さず。
この人、性格もあってか自己顕示意識が強い。一見博学だからファンが多い。
しかし、どうも海や船のことは全くの素人だとの印象が深まった。

アメリカのイージス艦。電子工学機器の塊みたいな船とみたか。
不注意を起こすわけがない。相手はただの商船じゃないか、と見下した。

「電子工学の塊」はイージス・システムの話し。
航海機器はどの艦もみな同じさとはラジオ体操の朋友。
元自衛艦の電子擬装に長く関わった人の話しである。
海上交通の基本は電子機器の有無ではない。あくまでも人間の目にあるともいう。

近づいてくるコンテナ船に気がつかない。しかも行き会い関係にあった。
正しく海上衝突予防法に基づいて航路保持をしているコンテナ船に対し、
避けるべき立場のイージス艦が、その直前を横切って衝突が起きた。

というのがどうやら実態のよう。米軍は責任者を処分すると云うからこれは確信犯だ。
やはりボクの睨んだとおり非はイージス艦側にあった。
艦橋両サイドに立って肉眼で夜の海をまさぐっていたはずの見張り員の見張り不良。
それを監督する当直士官はさらに責任重大だ。

軍事知識を誇っていても海のこととなると何も知らなかった。
図らずもこの事故で化けの皮が剥がされたわけだ。
となると自衛艦”あたご”と小型漁船の衝突事故の時の、
如何にも訳知り顔な解説は今思えば噴飯物。
再び今回。早とちりでは済まない。無知をさらけ出した。

しかし誰も気がつかなかったなんて。米艦の艦橋は緊張感を欠いている。
これじゃまるで海の暴走トラックだ。
夜の海はあな恐ろしや!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

# by natsuman | 2017-07-23 09:35 | のりもの | Trackback | Comments(0)  

ぶつけられた

d0013739_15491867.jpg
旅行の翌日はくたびれて静養の一日。ラジオ体操はサボった。
とはいえリハビリには出掛けた。
使い慣れた整形外科の駐車場へ入り、今日は馬鹿に込んでるな。
奥しか空いていないかと車を進めたら、肩越しに後ろの方に鈍い衝突感があった。
あいやー、やだなーと車を降りたら、案の定。
運転席後部ドアから後ろへと衝突してドアが凹みこすった後がある。
何のことはない。先に右手の駐車スペースに入った車が急にバックしたのだ。
相手の方は左後部バンパーに衝突痕がある。
相手に困ったことをしてくれましたなと云ったら、相手も困ったなと云う。
それきり黙り込む。口数の少ない男だ。
d0013739_15492737.jpg
接触は相手側の明らかな後方未確認による不注意。
だがお互い様みたいなことを言う。
そんなことを云ったって私の車の傷は車半分より後方、私の背中後ろにある。
傷が前の方ならそうも云えるかも知れない。が明らかに後方と云っておく。
ところがバックブザーが鳴ってただろうなどと不遜なことを云う。
それ以外、余分なことは云うまいとしてるのか謝りもしない。
おまけに今朝から携帯が通じない。
警察には相手が連絡したが、保険屋に掛けるのに困った。
周囲に電話がない。医院の電話はちょっと使いにくい。
やむなく先方様の携帯を借りて掛けた。
ところが自宅へまず掛けなかったのがまずかった。
リハビリ診察を終えて直ぐにドコモへ走った。
何だかシムがどうだとエラーが出るんだが通じないんですと。
あそれならお皿を一度抜き指して下さいという。
シムのことを業界用語ではお皿と云うらしい。簡単に直った。
でいつもの保険屋に連絡。任せることにする。
自宅へと見ると家内から何回も連絡があったらしい。
聞けば、保険会社からよく分からない電話があって、しかも亭主に繋がらない。
何がどうしたか、事故にあってスマホが吹っ飛んで壊れたのでは。
なら大事故かと慌てたらしい。
これは家内がビックリするのも無理はない。でも驚いただけで済んだ。
しかし相手の後方不注意でぶつけられては面白くない。
以前にもご婦人の車がバックで飛び出して左側ドアを壊された。
それと同じ。左が右に変わっただけ。くそ面白くない。
あ失礼、汚い言葉遣いでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

# by natsuman | 2017-07-22 16:24 | のりもの | Trackback | Comments(0)  

温泉三昧がいい

d0013739_10011887.jpg

何度も書く。えらいツアーに参加してしまった。
2泊3日のツアーだが、3日間毎日、ネイチュアガイド付きの歩きがある。
一日目は月山弥陀ヶ原の散策。まあここは何度も来てるし距離も大したことはない。
二日目の、地元の人が丸池様と呼ぶ鳥海山山麓の神秘の碧い池や
清流の牛渡川まではまだ良かった。
そのあと、今度は何とか高原のブナの大樹”あがりこ大王”への往復は、
ブナ林の林間の木陰とは云え、往復2時間近くもかかる木道歩き。
脚に効いた。

しかもさらに伏流水が溢れ流れる滝へのだめ押しの往復があった。
汗でびっしょり。すっかり疲れて、えらいこっちゃと反省しても今さら始まらない。
さらに三日目がまだある。松島遊覧だ。
松島と云えば島巡り。観光船でのんびり廻る。半分居眠りしながらでいいな。
と思ってたらまたまネイチュアガイドが乗り込んできた。
数ある松島の中の大きめの人の住む島二つを歩くという。
それなりに歴史があって興味は引いたが、島とは云え二つも歩き回るのは簡単ではない。
何せジリジリと日を浴びて汗をしたたらせての行軍。

旅行会社めての企画。モニターツアー。
添乗員もバスガイドも現地のネイチュアーガイドもまだ時間的な配分に慣れてない。
毎回遅れがちなお客がいるからつい強行軍になる。

あちこち廻るが一般的観光の名勝や旧跡の類巡りはない。
ネイチュアガイドである。みな自然観察対象ばかり。
足下は悪い。しかも前日の豪雨とは打って変わっての晴天。
せかされる行動と暑さに参る。
そんな内容とは知らなかった。
あらためてパンフを見た。でもそんなツアーとは書いていない。
ただ歩きやすい服装や靴でご参加をとあるのはいつもの通り。
パンフの説明が足りない。

モニターツアーというからもう少し年配者向けかと思っていた。
いい加減な気持ちで参加したこちらが悪いのだが。
聞けば皆さん、いやーつかれましたなあー、である。でも落伍者はいない。
それぞれ、もたもたしながらも何とか頑張った。
しかしボクの年代は少ない。主力は60歳から70歳前半。お若い方ばかり
ステッキを突いてピヨコタン・ピヨコタンと歩くのもそろそろ限界。
やっぱりどこにも行かず、宿で温泉三昧というのが一番。
しみじみそう思う。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

# by natsuman | 2017-07-21 14:16 | 旅と温泉 | Trackback | Comments(0)