4月22日(土) 長屋門、誰か要らないか

d0013739_18101752.jpg
 さてお立ち会い!これは何でしょう? 

 これ長屋門という。かって君津の奥の豪農の屋敷にあった。ある事情でこの土地の前の持ち主が手に入れたらしい。ただ移築しただけでなく内部に手を入れて豪壮な趣味の日本家屋として再現されている。

 長屋門とは屋敷の門にあたる長屋風の建物だが、元々は使用人が住んだり、納屋に使ったりしたものである。武家屋敷や大きな農家の屋敷にしばしば見られ、この地区にもいくつか存在している。しかしこれだけ立派なものは数が少ない。
 移築しているので傷んだところはきれいに修復され、内部もたっぷり重厚な木材を使用して新築風な家になっている。1階2階合わせて5部屋もあって、そんじょそこらの小さな家など真っ青、充分に一家族が住める。厨房に浴室、エアコンまでついている。門にはケヤキの鋲を打ったいかにも重そうな門扉がついている。

 持ち主は私ではないが我が家に縁がある。家主は工場拡張用として土地を購入したものの、その土地にこれが建っていたというわけ。欲しいのは土地である。長屋門ではない。更地にして早く土地を有効利用したいのだが、この処理が先決である。ともかく何とかしなければ工場が拡張できない。家主は頭を抱えている。
 
 とはいうもののこれだけの立派な長屋門である。しかも今は古民家ブームである。いい場所に移せば時代がかった蕎麦屋か何かにするのにうってつけだ。そんな風に誰か有効に利用してくれる人がいないか家主の切実な願いだ。
 壊すには忍びない。しかし誰も希望者がいなければ壊すことになる。それでも250万かかるという。だから欲しい人がいれば差し上げるというのだ。この立派な日本文化を、もし有効利用できないとなれば解体焼却するしかない。実にもったいない話ではないか!
[PR]

# by natsuman | 2005-04-23 18:10 | 教育学習 | Trackback | Comments(1)  

4月22日(金) 健康なる屋外運動

 パソコンの新設だの旋盤の購入だのオモチャいじりに終始して、このところ家の中に閉じこもりがちだった。気がつけば庭も畑も草が伸び放題。雑草が小さな実をいっぱい付けて種をいつ飛ばそうかと待ちかまえている。これはいかんと急遽お天気のいいのを幸いに、午前中一杯、草刈り機を振り回す。ついでに借りている駐車場や進入路の土手も刈る。借り賃を払って草刈りまでやらされたんでは全く割に合わない。年に5回以上刈るからせめて1ヶ月分は無料にして欲しいものだが、地主が東京ではそんな事情もとんと分からないだろう。

 陽気が良いせいか、もちろん時期もあって今年もまた毛虫の大群に悩まされる。新芽の柔らかくて美味そうなみずみずしい葉に群がっている。こいつは何とかしなければ。
[PR]

# by natsuman | 2005-04-22 18:19 | 暮らし | Trackback | Comments(0)  

4月21日(木) オモチャがやってきた

 快調とはいかないが喉の痛みも引き風邪は快方に向かう。歳のせいかこの一年、何度も風邪を引いた。いつも喉を一番に痛める。末期はきっと喉頭ガンか咽頭ガンか、そんなもんだろうと女房に云う。縁起でもないと彼女は云う。
 身をいたわってラジオ体操も行かず、いそいそと旋盤を置く台の組み立てにかかる。山の上ではきっと誰かが、なんだかあの人この頃見えないね、死んじゃったかな、なんて云ってるか。

 昼前に台が完成。前後左右の水平がピタリと出る。巧いもんだ。早速旋盤を台に載せる。箱から出すのが一苦労だったが、ぎっくり腰も出ず何とか据えた。あらためて見据えて、いや小さいね!と思わず声が出る。とりあえず電源を入れて回してみるが音も何とも頼りない。元来は中国製で購入先の工場でチェックと整備を加えてアマチュア用に販売している。
 この手の機械が今や世界中に出回っているらしい。昔職場で使っていた欧州物と比較すると何かにつけ大分お粗末である。この買い物ひょっとしたら”安物買いの銭失い”で失敗だったかな、いやいやそんなことはないと自ら否定する。
             私のオモチャ
d0013739_2322571.jpg


 べたべたに塗られた防錆油を洗い油で拭き落とし、各部にグリスとオイルを注す。これで本当に使えるのかと不安を抱えながらも、気分はおもちゃが手に入って喜んでる子供と同じ。早速試し削りと思ったところ、何とセンタードリルが入ってない。これじゃあ工作物の端面に開ける心押し穴が削れない。やれやれと市内へ買いに出かける。

 しかしホームセンターにはどこも置いていない。第一旋盤用の工具なんてお客が限られる。一度買えばそれですむ物だし、数売れる物でもない。やっぱり無理か。古い金物屋にも回ったがやはりない。昔購入していた工具屋へ行ってみたが小さな張り紙があって、都合により店を閉めたとのこと。あれれ、こりゃ困った。こうなるとK市まで行かなきゃあならないか、それなら取り寄せでと旋盤の購入先へ電話。あーそれはオプションですなんて軽く云われてしまう。セット物ならセンタードリルの一本くらい入れといてよ。

 かってこの地方にも鉄工所や製作所があちこちあり、それなりに工具店もあったが、今ではどんどんつぶれて数えるほどしかない。おまけにホームセンターばかりが流行って、専門の工具店なんて商売にならない時代なんだとつくづく思い知らされる。しょうがないから郵便で送るよう依頼する。お楽しみがまた先送りされてしまった。

  
[PR]

# by natsuman | 2005-04-21 23:13 | Trackback | Comments(0)