いつもの生活に   9月2日

 あっという間の夏が終わって一年の過ぎる早さに今更ながら驚いている。ただ健康だけは上々で、お陰様にて忙しい活動も全て順調にこなせている。それが修行の成果かと思うこともある。d0013739_23554125.jpg
 一週間の山中での苦行は身体に疲れを残したかと一時は心配したが、それも杞憂に過ぎ、今朝も5時50分起床。城山登山とラジオ体操に出向いた。おやまあしばらくですねとの声を浴びながら。
 心配した体重の減少は僅か1kg。これまでで一番少なかった。そのせいか体調は上々。朝まだき館山の霞たなびく町並みを見下ろしながら心地よい汗を流すことができた。
d0013739_2354562.jpg
 とはいえ日中は千葉の親子三代祭りの装束や、万博出演の整理、そして修行用具の洗濯や虫干しと、何やかやでつぶれてしまった。仕事ではない故に気苦労はないが、なお次々と来る諸活動に予定の調整も忙しく、そうはのんびり出来ないのだが。
 それにしても都合13日間の県外活動はやっぱり大変。家のことに気を回す間がないせいか、帰ってよくよく見れば庭の木々も芝も伸び放題。お隣の草地も雑草が実を付けてタネを飛ばそうと身構えている。早急に草刈りをしなければならない。松はとうとう今年は手を入れずに夏を越し、見た目にも暑苦しい。当分は専属園丁業務も忙しそう。というわけでまたいつもの生活に戻ったというわけ。だが台風14号が気になりますなあ。
[PR]

# by natsuman | 2005-09-02 23:56 | 暮らし | Trackback | Comments(3)  

無事万行    9月1日

 本日、羽黒山から帰館。毎年8月24日から9月1日まで、山形県羽黒町手向の羽黒山修験本宗・羽黒山広澤寺正善院が主催する秋の峰と呼ばれる山伏修行からである。この峰入り修行は全国山伏修行の中でもっとも伝統的な修行を行うところで知られる。銀爺は今年もまたこれに参加。9回目である。
 山伏修行というと関西の大峰山系の修行が知られるが、あちらが専ら歩きの修行と称してとにかくよく歩くが、こちら羽黒の修行は籠もりの修行とも云われ、お堂に籠もっての勤行が主体となる。一応車でも入れる場所とはいえ、丁度一週間、山中同様の文明の利器は何もない江戸時代同様の修行生活。諸々の行を通して仏の道に近づこうとの行である。
 今年は幸い天候に恵まれ、予定通り全行程を消化。全国から集まった行者が垢にまみれ髭伸び放題で今日また全国に散り戻っていった。
 部外者にすれば、一体そこで何をしているかと疑いたくなるが、古くより、「この道場は深甚秘密の行場なれば、此所で見たこと聞いたこと、たとえ親子兄弟、女房子供、親戚朋友たりと云えども一切他言を許さず」とあって詳細を記すことが出来ない。
 芭蕉も350年前にかなりの日数を割いて羽黒山・月山・湯殿山に詣でたが、「そうじてこの山中の微細、行者の法式として他言することを禁ず。よりて筆を止めて記さず」ととあり、湯殿山では「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」と詠んだだけで多くを語っていない。

 というわけで興味ある方は勇気をふるって参加し経験するしかない。が一度経験すれば必ずや新しい別世界が開けてくるはず。なお毎回千葉県人の参加が多いこと、また外国人も参加していることを付記しておこう。

 ところで羽黒山は標高420mの地。しかも東北。涼しいのを通り越して明け方は時にふるえるほどのこともある。銀爺は避暑に行ってるつもりはないが、この間、晩夏の暑さは忘れている。こうして毎年銀爺の夏が終わり秋がやってくる。
d0013739_22312095.jpg

 行場での誓いゆえに、写真もお見せできるのは行法に関係ない僅か一枚のみ。月山頂上を目指して初秋の弥陀ヶ原をゆく白装束の行者。今なお信仰登山盛んな月山の風景である。合掌
[PR]

# by natsuman | 2005-09-01 22:31 | Trackback | Comments(2)  

お知らせ   8月24日

  明日25日より9月2日頃まで、毎年恒例の羽黒山の山伏秋峰修行へ参加のためお休みします。
 何しろ電気がない、電話がない、TVがない、ガスがない、水道もない、携帯も通じない、そんな山中での9日間です。投稿不能です。
 この間、我が身の葬式をし、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界の六行に声聞、縁覚、菩薩、仏の四聖の行をし、つまり擬死再生を図り生まれ変わります。夜昼なく、断食、深夜長時間の勤行、礼拝行に加えて諸行事や作務が、また月山縦走や三枯沢遡行などの抖櫢等々が休みなく続きます。体力を消耗し毎年3㌔から6㌔も痩せます。最後までやり通せて立派に生まれ変われるかは後のお楽しみ。一時ですが古き時代の日本人の精神世界に接します。仏の道を悟ればなお立派なものです。行って参ります。
[PR]

# by natsuman | 2005-08-24 22:50 | Trackback | Comments(0)