高千穂峡へ   10月11日

今朝早く宮崎に入港。舟は揺れず快適だったが夕べのレストランのメニューのお粗末さは如何とも仕方がない。定食しかないと聞いてあきれ、夕食にカレーライスを食べたと聞けば分かるだろう。
d0013739_1802429.jpg 朝食は宮崎港のすぐ近くのホテルの朝食のバイキングだが、その品数の多さと内容に夕べとのあまりにも大きな落差に喜んでいいやら腹を立ていいやら。
 南国の宮崎を後に一路北上。ガイドさんは椰子だ海紅豆だと南国風を盛んに強調するが、そんなもん館山に普通にあるわとひとりごちする。
d0013739_21573238.jpg バスは次第に山間に。神話のふるさと高千穂峡を観る。最初の印象は、なんとも地球の割れ目だなと。しかし自然は面白い物を創るとも。とはいえ九月の台風の災禍をもろに受けてこの天下の名勝もあふれる濁流にのまれ、今もその残骸が水面上はるか30mもの上の山腹にるいるいとしている。自然の猛威のすごさにただ驚く。それにしても高千穂は山間だ。
[PR]

# by natsuman | 2005-10-11 21:08 | Trackback | Comments(0)  

大阪→宮崎へ 夜航海    10月10日

d0013739_19312860.jpg
只今大阪から宮崎港にむけ航海中。長距離フエリー「ひむか」の特等船室といえは聞こえはいいが、船室が広いのと大浴場があるだけで何ら取り得なし。あちこちがらんとしていてやっぱりどう言い換えてもフェリー。つまりトラック運搬船。それも多くはなさそう。そのっせいか船はかなりぼろい。金谷のフェリーのほうがずっとましか。夜の航海でなんにも見えない。ただ寝るだけ。明日は6時に下船で起こされる。ラジオ体操はなし。
[PR]

# by natsuman | 2005-10-10 19:31 | Trackback | Comments(0)  

PCボーイ   10月9日

 孫はあるが我が家の家族ではない。その一連隊が土日というとやってくる。その度に上の子が「じじを書きたい」と云う。
 「じじ」とは字のこと。爺々ではない。まだ爺と字々の区別がない。3歳と3ヶ月、もちろん字が書けるわけもない。大体が字と絵の区別もまだない。鉛筆でごちゃごちゃやるのもクレヨンで塗りたくるのも本人は同じつもり。
d0013739_13263196.jpg 一度ペイントでささっと絵を描いて見せたら、それからやみつきに。PCの意識はないが、やってくる度に一度はいじくり回さないと気がすまない。といって一向に絵らしいものは画けない。それでもマウスを使うことは覚えた。ただマウスが大きすぎる。左右の指の遣い分けはまだ難しい。そしてやたらに液晶の画面を指で触りまくる。これには閉口する。この子がPCを買ってくれと云いだすのはいつか。案外遠い先ではないかもしれない。
[PR]

# by natsuman | 2005-10-09 13:29 | Trackback | Comments(0)