<   2017年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

この週は忙しい

今週は馬鹿に忙しい。前々からそうだったのだが毎日予定がある。
野暮用もある。各種の準備作業もある。
年間を通してこんなことは珍しい。老人にしてはスケジュール過密。
全部はしんどい。何とか整理しなければならない。

週末には八街市沖の祭りがある。追い打ちを掛けるようだ。
大筒による抱え撃ちを。そして翌日には障害者射撃大会でも。
それには事前に千葉まで火薬消費許可を新申請に行かねばならない。
許可が切れている。それにはもう日がない。
土曜日は古文書研究会だ。この日は解読発表の番だ。
発表の準備もある。こちらを優先せざるをえない。困った。
となると土曜日の千葉行きは難しい。声を掛けてくれた方には申し訳ないが。
もう歳だ。退き際をそろそろ考えねば。

なお、4日の沖の祭り。目玉に300匁の巨大な火縄銃による演武がある。
これは見もの。猛烈な轟音と白煙。一見の価値あり。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-31 10:23 | このころ | Trackback | Comments(0)  

台風接近の中、射撃大会

昨日はえらい天気に。遅まきの台風22号の襲来。
どうやら本州南岸を北東方向へ抜けそう。
となると我が地は回り込む暴風によって北東の風になる。
そこでにんまり。我が家の北東側は小さいながらも城山だ。
要は風陰である。案の定、一番激しい頃はそよともせず静かに過ぎた。
尤も雨は結構降った。今朝みれば側溝が落ち葉で詰まって溢れている。
公園の大木も一本、根元から倒れた。
いやー、こいつは骨阻喪症だったんだとは誰かの弁。
d0013739_09033272.jpg
昨日は朝から千葉市郊外へ出向いた。
日本ライフル射撃協会主催の第40回前装銃射撃大会があった。
次第に風雨が増す中の射撃大会。条件は最低だ。
的紙が雨に濡れて剥がれる。風に飛ばされる。
装填し終えてさていざ狙おうとしたら的がないなんてことも。
d0013739_09041355.jpg
ボクは出ない。持ち回りの総合優勝杯には既に数枚のリボンが付いている。
栄光は若い人たちに譲ろう。と云えば聞こえは良いが、実は腕が落ちた。
腕力はそがれ、目はよく見えず、それで高得点は覚束ない。
今は専らお手伝い。誰かがどんどんやることは放っておいて良い。
誰も気がつかない、あるいはやりたがらないことを陰で支える。
まさにボランティアーである。
なおボランティアーとは本来傭兵隊のこと。
d0013739_09051195.jpg
帰りの高速道路。ゆっくり90kmの安全走行。
だがトンネルを出るたび。猛烈な激雨に視界が閉ざされる。
一瞬ではあるが何度もはらはらさせられた。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-30 09:21 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(0)  

草木みな塩垂れる

d0013739_09304859.jpg
年中、同じ時刻に起床し、同じ時間帯に歩いている。
すると近頃、めっぽう朝が暗くなったと感じる。
外が暗ければ寝床の中の目覚めも今ひとつ。すっきりしない。
城山にあがってから日の出を迎えて、ああ季節は冬バージョンだなと思わされる。
台風21号が色々と置き土産を置いていった。
我が家で感じた以上に規模も勢力も大きかったようだ。
街中もどこもかしこも辺り一面、ゴミだらけ。
南から吹き込んだ潮風の影響で塩害が酷い。
どこもかしこも植物という植物全て、葉が塩垂れ、枯れ、地面は細かな葉っぱだらけ。
d0013739_09305957.jpg

紅葉かと思わせる寺院のケヤキも案外塩害のせいかもしれない。
房州では今年、紅葉は期待出来ないだろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-28 09:47 | 季節折々 | Trackback | Comments(0)  

気候の変動か

d0013739_09444077.jpg
穂高はもう雪を被っているだろう。あちこち氷も張ってるだろう。
そういう目で相模湾の彼方を望むが今日も富士は良く見えない。
場所が分かってるから人はみな心の眼で遙か西方を見透かす。
おう見える見える、霞む雲の中に微かに白いものが。
そういえば初冠雪はいつだったか。
このところ富士は一向に姿を見せない。この一月見えたのは僅か一日。
黒潮が大きく迂回している。シラスが獲れない。サンマも。
サケ定置は不漁もいいとこ。北の海で南の魚が捕れる。
気候が変わってしまったのか。台風22号がまだ本州を狙っている。
今日の晴天が続けば良いが。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-26 09:55 | 天候気象 | Trackback | Comments(0)  

朝焼け

d0013739_15315568.jpg
朝焼け。
05:40頃の東方の空。
まだ自転車で頑張ってる。
点灯は足に堪えるから、
ライトが必要になったら止める。
幸い海岸方面へは緩やかな下り坂。
発電機は勝手に回る。
帰り道に点灯は堪える。
その頃はもう明るくなってる。
いつまで続くか。
手が冷たい。手袋の出番だ。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-25 08:30 | 季節折々 | Trackback | Comments(0)  

画像ファイルを頂戴する

昔、男の子なら皆鉄砲好きだった。
オモチャから始まって空気銃に。やがて本物へと移る。
とはいえ武器としてではない。趣味の道具としてだ。
昭和30年代はじめまでデパートの5,6階には鉄砲売り場があった。
本物を売っていた。もちろん日本のことだから猟銃・空気銃に限る。
戦前は民間人でもピストルが持てたが、さすがに戦後はそれはない。
大学卒業の初任給が1万数千円の頃、猟銃一丁5,6万円からした。
手が届く可能性は全くなかったが学校帰りに良く売り場を訪れ眺めていた。
d0013739_09274227.jpg
千葉に職を得た年、その冬、狩猟免許を取った。友人から一丁譲り受けたのだ。
以来54年も銃を所持し、狩猟に射撃にと楽しんできた。
釣りはフナ釣りに始まってフナ釣りに終わると云う。
それに同じで最初は単発銃から始まった。最後は火縄銃に終わりそう。
それも既に20数年、経験を重ねた。一発放つのに手間が掛かる仕組みが面白い。
今の若者は何かと球数の沢山でる銃に興味を持つ。
だがそんなものは多量生産方式で作られた工場製のただの仕掛け。
工芸的な要素を欠いて面白みがない。また手間暇をかける楽しみもない。
はじめは城まつり。後に南総里見まつりと改称。その鉄砲隊に参加してきた。
何年経験したか。良く覚えていない。記録に残そうと写真は撮り続けた。
デジカメが世に出てきた頃からで、画像ファイルがどれだけあるか。

とはいえ参加していては自分の写真は撮れない。
それだけに知人友人・お仲間等が撮ってくれるのは嬉しい。
自分が写っているのは第三者が頼みになる。
後で画像ファイルで頂けるのが一番。画像加工ができるから。
それに比べてプリントはちょっと残念。まして良く撮れていたりしたら尚更に。
今日はそんな頂き物を紹介しよう。二枚とも頂戴もの。
d0013739_09281700.jpg
ラジオ体操仲間でご近所でもある。ありがとう。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-24 09:49 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(0)  

圧勝

d0013739_06255053.pngいや驚きました。ここまで圧勝とは。
これで安倍政権は足固めができて改憲まっしぐらですか。
緑のたぬきじゃありませんが、小池さんの妙な動きに反発があったんでしょうなあ。
一時期待感をもった国民も、こりゃ駄目だと思ったのかも知れません。 安倍さんも久しぶりの満面の笑みですわ。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-23 06:27 | 時事世論 | Trackback | Comments(0)  

ああバカだアホだ

さすがに昨日は疲れた。
行列の最中、妙に腰の後ろがギクシャク。
歩きにくいったらありゃあしない。
腰に機械をくっつけた歩きっぷりだ。
歩き不足なんでしょうなあ。
お陰で風呂入ってメシ食ったら直ぐに眠気が。
それでいて翌朝5時20分には目が覚めた。
習慣とは恐ろしい。

さて本題だ。大馬鹿をやった。関西なら大アホか。
帰宅して車から荷物を降ろしたまでは良かった。
数回往復したせいか、最後にトランクを閉め忘れた。
一晩中、開けっ放し。一晩雨が降り続いた。
当然トランクは水浸し。敷いてあった段ボールシートがグショグショ。
もちろん外の荷物も御同様に。

先日吉祥寺で85歳の男の暴走があった。
ブレーキとアクセルを踏み間違えたかも知れない。
良く覚えていないとも。
何でそんなバカをと人は思う。
でもそのバカをやるのが高齢者。分かっていてやってしまう。
エアコンのスイッチを切り忘れたくらいで朝から怒らないで欲しい。
いえこれはかみさんのことで・・・・。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-22 19:24 | このころ | Trackback | Comments(0)  

上手い具合に雨あがる

第36回南総里見まつり。
前日からお天気が心配。台風まで控えている。
いっそのこと中止になればと願った。でも準備は進む。
雨が降ったり止んだり。ぐしょ濡れ覚悟でいざ出発。
傘さして出掛けるのは初めてだ。
d0013739_09184914.jpg
所定の会場、所定の位置に待機。傘に当たる雨音が恨めしい。
火薬は濡れたたらお終いだ。
この雨の中、如何にして次発を詰めるか。点火させるか。
不安ばかりが頭をよぎる。
d0013739_09192054.jpg
えい!あとは何とかなれ! と気分は半分やけっぱちに。
全体の流れが少し変更になった。
伝達の不良もあって開式の一場面と演武披露の場面とを勘違い。
ちょっと進行がもたついた。
d0013739_09185804.jpg
ところが不思議なもので、打ち終わったら急に雨が上がり始める。
パレードも皆さんホッと一息ついて雨合羽を脱いで出発。
とはいえ水たまりに突っ込む足先が冷たい。
d0013739_09185533.jpg
でもさすがに観客は少ない。
ついさっきまで雨降りだったのだから仕方がない。
雨が上がったと駆けつけても間に合うはずもない。
d0013739_09190592.jpg
雨のため手作り甲冑隊は参加中止。
まだ暗雲たる雲行き。パレードも今ひとつ意気が上がらない。
でもひときわ元気なのはこの八賢士に扮した皆さん。
勝ちどきを挙げること度々。
特にご婦人扮する賢士が勇ましい。実に微笑ましい。

行列終わって今度は砂浜へ。戦闘劇の展開だ。
d0013739_09192247.jpg
火縄銃は雨にはもちろん湿気にも弱い。果たして上手く発砲出来るか。
でも全員、用意した火薬を使い切った。
あまり上手な演武とは言いがたかったが。
一番手のボクと、二番手が少ししくじった。
号令隊長として全体に気を配るあまり、自分のことが疎かに。
演武中、なんと二度も火蓋を開けずに引き金を引いた。
慌てて不発処理。遅れて発砲した。
隊長が一番お粗末でした。(苦笑い)
d0013739_09230930.jpg
二番手はなぜかちょいと早すぎた。まご愛敬。

d0013739_10042001.jpg
参加した神輿や山車が雨を吹き飛ばしてくれたか。
不幸中の幸いか、それとも
もっけの幸いか、でした。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-10-22 10:13 | イベント | Trackback | Comments(0)  

事故対応の詭弁

七月末にリハビリに通っていた医院の駐車場で車をぶつけられた。
先に進入した車が駐車スペースに納まったのを見届けて、その後ろをゆっくり通りすぎた。
と何やら運転席側後方に衝撃がある。驚いて直ぐに車を止め後部を見た。
何と駐車スペースにいたはずの見知らぬ車がバックで愛車後部にぶつかっていた。
当方は後部ドア中央部辺りから後方に、相手はバンパーの左側角を中心に損傷。
困ったことをしてくれましたなといえば、先方は横柄な物言いで、こっちもだよー。
どう見たって先方が後方確認を怠ってバックさせた結果の事故。非は向こうにある。
ところが五分五分だっぺよと相手は言う。そんな馬鹿な。
お宅の車が当方の後ろに当ってるんですよ。安全かどうか確認するのはお宅でしょう。
それをろくに確認もしないまま急激にバックするから事故になったんではないですか。

こういう時、保険が頼りにされる。そのはずだった。
ところが判例からして事故の責任は7:3になる。その一点張り。
調査員が自宅にまで来たが話しに進展は何もなかった。
事故が起きた以上、被害が大きい側にも一抹の責任があるというのだ。
何度も同じ話。やっぱりね。保険会社は自己の都合が先だ。
相手の保険から修理屋に支払われる額は修理費用に足りない。
差額分をこっちもちでは面白くない。かといって長期の裁判沙汰も避けたい。
いつまでも放っておくわけにもいかず。とうとうこっちが根をあげた。
うちは保険を使わないぜ。足りない分はこっちで払う、と捨て台詞。
思い出すのも不愉快とはこのこと。皆さんお気を付け遊ばせ!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-10-20 09:00 | のりもの | Trackback | Comments(0)