<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

衣装道具を送った

d0013739_09162532.jpg倉吉行きが迫ってきた。
昨日、少し早めだったが、衣装や道具類を送った。
鎧衣装一式は小型のスーツケースに収まる。
が空砲演武に使う道具は長ものがあって特殊なトランクが必要だ。
長くてしかも重い。宅急便サイズの最大級になる。
スーツケースとトランクの両方を持って7/11に出向く。重いのに閉口する。
考えてみれば衣装は身につけ、道具類は携帯する。
当然重さをみなこの老体が支えなければならない。
そう思ったら余計気が重くなった。
二個口で計3300円弱。送料もバカにならない。
衣装や小道具は向こうで用意してくれるとありがたいんだがなあ!
d0013739_09163715.jpg
 




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-08-31 09:19 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(0)  

館山から世界へ発信

d0013739_09295320.jpg
大げさなタイトルだが事実。
今朝06:30から老若男女、館山市民の元気な声が電波に乗った。
朝日が差し始めたばかりの早朝。集まった健康志望の市民凡そ1000名。
もちろんその中に我ら城山同好会の面々がいる。
先導役の鈴木大輔さんの立つ壇上の真ん前に大挙陣取った。
d0013739_09303903.jpg
「館山はラジオ体操では大変有名です」と嬉しいことを云う。
「地元の城山同好会が昨年全国表彰を受けた」と何度も解説。仲間から歓声が上がる。
事前にリハーサルを兼ねて注意がある。精一杯声を挙げるようにとの注意も。
「みんなの体操」で身体をほぐし、06:30の開始を待つ。
d0013739_09310716.jpg
06:30「全国の皆さんお早うございます」と始まった。
キビキビとした号令の下、第1体操、第2体操と続く。
今日ばかりは皆さんも動きにくい手足を振り回す。
終わってみれば結構な運動量。汗びっしょり。
d0013739_09315212.jpg
日頃はラジオから流れる声しか聞いていないが、先導のお兄さんの若々しいこと。
そしてその動きの見事なこと。ああやれば確かにラジオ体操は有用だとばかり。
終わればイケメンは皆さんから引っ張りだこ。
「いつもそうですが伴奏はテープではありません。ピアノは加藤由美子先生による生演奏です」と念を押す。
そう言えばピアノの音が校庭一杯に広がりましたな。
d0013739_09370366.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-30 09:37 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

倉吉せきがね里見まつり

「里見安房守忠義公は、幕府内の権力闘争に巻き込まれ、安房国(現在の千葉県南部)から伯耆国倉吉への国替えを命ぜられ、里見家再興を願いながら、堀村(現在の倉吉市関金町堀)で29歳という若さで亡くなりました。領民から慕われた忠義公と、忠義公を追って殉死した「八賢士」と呼ばれる8人の忠臣の物語は、曲亭馬琴が書いた長編小説「南総里見八犬伝」のモデルになったと言われています。忠義公が最期の時を過ごした倉吉では、忠義公と八賢士を偲び、様々な催しが開催されます。」
と毎年9月はじめに鳥取県倉吉市で行われる行事がwebで紹介されている。
d0013739_09213870.jpg
我が家はその里見十代目の忠義公の居城、館山城の城郭内にある。
城郭と云っても中世の城。石垣はない。
代わりに切り岸と称して人工的に崖を造り防御施設にしている。
その城域中に我が家はある。

里見氏十代忠義の時、突如、幕府の命により館山城は破却され、
藩主は倉吉に改易となる。
里見氏の悲劇の始まりである。
かくして里見の物語は当地館山と倉吉の二ヶ所に。
それを縁に両市は交流が続いている。
行事はどちらも南総里見八犬伝仕立てに構成されている。
里見氏の正史と小説とが一緒になって混乱の元になってるのは嘆かわしい。
が面白可笑しくイベントを盛り上げるには恰好の材だ。

館山市が南総里見まつりと称して大々的な行事を始めてから今年36回目。
そこで火縄銃による空砲演武を受け持っている。
それを倉吉でも是非演じて欲しいとの要請があった。
それに応えて週末に遠征。今週日曜日に倉吉市民に披露する。
今その準備中だが、気になるのは身体の調子。今ひとつなのである。
もとより当にお歳である。そろそろ引退をと考えていただけにちょっと荷が重い。
とはいえ折角の期待に応えないわけにはいかない。
ともかく道筋だけは付けておこうと老体にむち打っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-28 09:33 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(1)  

願い事

d0013739_10370220.jpg
先日の季節外れの妙な七夕飾り。
どうやら城山公園のクジャク園の行事らしい。
子供たちにクジャクの餌付けを経験させるというのだが、
それと七夕飾りとの関連が良く分からない。
何故この時期に七夕飾りを立てるのか。

良く見れば願い事が沢山付けられている。
「無事に安産するように」
「子供がパイロットになれるように」
「良い人と幸せな家庭が築けますように」
「世界が平和でありますように」
まあここまでは普通です。
中にこんなのもありました。
「肉と赤ワインがの飲めますように」
良く見れば”館山小”とある。
エッ小学生かい? オイオイ!
「欲しいものが、何でも手に入りますように」
こりゃまた強欲な!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-27 10:40 | 季節折々 | Trackback | Comments(0)  

大笑い、元首脳

d0013739_09242187.jpg

元首相等が揃って大笑いの画像が新聞に載った。
でこの画像を載せた笹川陽平氏のブログを探った。
なるほど、安倍さん、森さん、小泉さん、それに麻生さんが、
抱腹絶倒、口を開けて大笑いしている。
こうした政界の首脳がのびのびと笑っている姿なんて初めてではないか。
山中湖の笹川氏の山荘でのことらしい。
ま、悪いことじゃない。ほのぼのとしてまことに宜しい。
しかし、なんでこの4人、横一列に並んで座ってるのか。
それも少々窮屈そうに。
テレビの旅行番組じゃあるまいし。
行儀良く並んで食事するなんて信じがたいね。
普通は対面するだろうに!
やっぱり報道用かな。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-26 09:25 | 時事世論 | Trackback | Comments(0)  

これは何だろう

d0013739_08393477.jpg
今朝、登城する際、妙な飾り物が目に入った。
七夕の笹飾りのように見える。
何じゃこれはと近寄ってしげしげと観察。
真ん中の笹竹の中程に札が下がっていた。
「市民安寧・金丸謙一」とある。
市長名だ。市民の安寧を願ってのものらしいが、
こういうものは今まで見たことがない。
外に説明がないし、一体何だろう?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-25 08:50 | 宗  教 | Trackback | Comments(0)  

オーイ、どうしてだ?

頭を抱えている。
またもや、それも二度にわたって投稿文が消えた。
いつも八割方か完成した頃に、一瞬のうちに消えてしまう。
何故突然消えたか分からない。
無意識に何かのショートカットキーを打ってしまったのか。
大概は打ち込んだ語句を訂正している時のようだ。
その度に頭の中が真っ白になる。

[PR]

by natsuman | 2017-08-24 09:52 | このブログ | Trackback | Comments(0)  

ああ、またも消えたか

昨日、投稿文が、いざチェックという段階で消えてしまった。
まあまあの文章だと思ってたからショックは大きい。
こういうとき、大概は下書き一覧に自動的に残っている。だがそれもない。
きれいさっぱり雲散霧消である。
多分、何かキーの打ち違いか、無意識に何かのショートカットキーを打ち込んでしまったか。
そんな自分のミスだろう。
このところしばしば起こる。きちんと原因を掴んでおかないとまたぞろ繰り返しかねない。
だが何をしでかしたか、それが分からない。困った。対処のしようがない。

若い時分はブラインドタッチであった。それがいつのまにかすっかり崩れてしまった。
指が思うように動かないのがまず第一の原因。
左指はまだいい。問題は右指である。
注意しないとどこを打つか分からない。やむなく目が指を追うようになった。
自分ではよかれと思って打ち込んだのに、良く見たら丸っきり違っていたりもする。
画面に目を置いたまま、キーには目もくれず鮮やかに操作する、なんてことはもう夢の話しだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-23 11:02 | このブログ | Trackback | Comments(0)  

新聞に載る

昨日の千葉市親子三代祭り。
その記事が読売新聞(千葉版)に載ってたと近所の方が新聞を届けてくれた。
ただし、これは昨日の親子三代祭りでのものではない。
その幕開け前に、千葉城(正しくは千葉市郷土博物館)で行った、
千葉城鉄砲隊による「中島流砲術」の演武披露である。
d0013739_09085988.jpg
毎年この日に先ずは千葉城で演武を披露する。
次いで千葉市中央公園へ出向いて、今度はお祭り開始の一役を買う。
一日に二ヶ所、天守前と城下、の演武だ。
写真左端がボク。この時も初っぱなの一発目を受け持った。
ダアーン! 城のある亥鼻山に轟音がこだました。いい音だった。

第一発目というのは、中々写真に撮れない。シャッターチャンスが掴めないからだ。
というわけで、発砲の瞬間をものにするにはどうしても二番目になってしまう。
そこで思った。来年は二番目か三番目に位置しようと。(笑)
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-21 09:12 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(2)  

街中の轟音と白煙のスペクタクル

d0013739_16502238.jpg
この二三日、体調不良が効いて気分は今ひとつ盛り上がりを欠いた。
昨日今日と千葉市の親子三代祭りである。42回目という。
上手くやれるかと不安があった。とにかく鉄砲が重い。

請われて鉄砲演武に協力参加して既に十年。
夏の暑い真っ盛り。鎧を着ての演武はとにかくしんどい。
千葉市街、中央公園付近は露天と人出で押すな押すなの盛況。
暑い中にも暑さが増すが、そんなことは云ってられない。

以前は街頭の路上でダーンと放った。県庁の真ん前でも。
今は公園の舞台上でだ。鎧姿もりりしく七人が立ち並ぶ。
市長の挨拶に続いてあがる。
「これより親子三代祭りを開催する!」
火蓋開け! 放て! ダアーン! 一瞬白煙が舞い上がり轟音がビルにこだまする。
祭りはボクの放った一発から始まった。観客はオー!と驚きの歓声を上げる。
続いて中島流砲術師が次々に発砲。轟音がビルにがんがんこだまする。
鉄砲ってこんな大きな音がするんですかとは、あきれ顔のお父さん。
色白のイケメン市長が言う。これがなければこの祭りは始まらない!
 残念ながら当事者は撮影の機会が無い。等々一枚も撮らなかった。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-08-20 17:15 | 射撃砲術 | Trackback | Comments(0)