カテゴリ:健康保全( 52 )

 

元気になりました

d0013739_08393238.jpg
皆様にご心配をおかけしましたが、どうやら回復しました。
まだ朝の散歩がてら、城山登山は遠慮していますが一応平常の生活に戻っています。
思い返してもあの高熱と下痢の連続、体中の力が抜けた感覚は二度と御免です。
それにしても心当たりがないというのが不思議です。
d0013739_08394503.jpg
その間に庭や畑廻りの木々や草の伸びることの何と早いことか。
奴らばかりが元気です。
気がつけば数年前に植えた庭のユスラウメが真っ赤な実を付け、まるで宝石のよう。
それも小鳥の目から逃れるように葉の裏にひっそり隠れて。
残念ながらサクランボのような甘さはありません。うすら酸っぱいです。
翌年植えたサクランボは期待に反してやっと生きているような状態で、
これは場所も悪かった。そろそろ処置を考えなきゃならない・・・・。
もっと広い敷地があれば果樹をいろいろ植えたいのですが・・・・。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-05-27 08:45 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

皮膚が余っちまった

d0013739_08231610.jpg
何と無残な。正に萎んだ紙風船!
この皺の一つひとつが78歳の現実を物語っている。
生気がない。瑞々しさがない。出し殻のようでもある。
一週間前まで、体重は70数kgだった。
これはやはり少しオーバーで、何とか67kg台に落としたかった。
膝への負担を少しでも軽くしたいから。
が今回の事件で、実際ボクにとっては大事件だったが、
5日間であれよあれよという間に体重が落ちた。
一昨晩のこと。体重計が64.9kgを指している。
いやッここまで来たかと驚いた。何とか止まってくれと。
下痢を承知で食べる。エネルギー補給剤も飲んだ。
幸い少しずつ身になっていく感がある。
昨日、65.1kgに回復。でももう2kg位は戻したい。
それでもこのしわしわは変わらないだろう。
でも今は少しほっとしている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-05-24 08:46 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

やっと平熱に

d0013739_11020358.jpg
昨日も点滴を受ける。熱が下がって少し食欲が出た。
で昨晩はクリームシチュウを作ってもらい、やっと食事らしいものを口にした。
今朝も腹の様子を見守りつつ、注意しながらやや堅めのお粥を腹に入れた。
多少下痢しても少しづつ普通食に戻すようにとの指示で。
久しぶりの食事で胃も喜んでいるような感じがする。
倒れて六日目。今朝やっとPCを起こした。メールがいっぱい。
旅行のお誘いばかり。片端から削除する。
いつも見ているブログは厄介だ。斜め読みするしかない。
次いで自分のブログを後日のために修正する。無様な自画像は縮小した。
そこまで行ったら疲れがどっと出た。
少し横になる。窓の向こうの新緑がまぶしい。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-05-23 11:04 | 健康保全 | Trackback | Comments(2)  

誕生日は裕次郎デビューの日?

d0013739_10030760.jpg ラジオ体操の帰り道。明日は市内のレストランで孫たちと食事する。僕の78歳の誕生日でねと話題を提供した。
 じゃあ御祝いしてくれるんですね。いやそれが違うんだよ。
 だって御祝いしてくれるんでしょう。でもそうじゃないんだ。費用一切こっちもち。いつもそうだよ。
 しかしあいつら育ち盛り。だからおフレンチじゃとても食い足りない。帰宅後、どこか外の店にするかと家内と相談しつつ、ふと新聞の日付に目が行った。
 あれれ、なんだ誕生日は明日とばかり思っていたのに何と今日じゃないか。あいやしまった。

 朝のラジオ体操では、今日は誰それさんの誕生日でーすと紹介することがある。特に大台になった方はその健康を賞賛し、元気ぶりを鼓舞するために。だが何故かボクは毎年忘れられてばかり。
 しかし明日ではもう時期喪失。今年もまた皆さんの拍手喝采はなしだ。もっとも本人が日を間違えていては苦笑いするしかない。
d0013739_10522245.jpg 朝食中、突然家内が云う。今日は石原裕次郎がデビューした日よ。太陽の季節でねと。
 フーンそんなこと始めて聞いた。でもこの老身の誕生日とどういう関係が・・・・?
で調べてみた。確かにウイキには「日活映画/公開1956年5月17日」とあった。

 なお蛇足ながら誕生した昭和14年は西暦1939年。皇紀では2599年。この年に正式とした兵器を戦前は九九式と云いましたな。要は古物であります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-05-17 09:53 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

身が細る

d0013739_11424173.jpg 膝の不調が続いている。控え気味な言い方ではあるが。
 要は膝関節のクッション材がすり減って可動部分にガタが生じている。
 さらには潤滑油も不足。衝撃や加重が加われば途端に間接にストレスが生じる。神経が悲鳴を上げる。
 毎朝の登城を終えて坂を下る最中、衝撃が走って身をよじること既に数度。
 ステッキにすがって何とか転ぶのだけは避けたが。段々ステッキが放せなくなる。
 障害者スペースに堂々と駐車出来るのは好いが。

 医者は膝関節の負担を軽くするにはその廻りの筋肉を増強しろという。
 実際、膝関節の具合が悪くなったというより、筋力の後退が効いていると思わざるを得ないし。
 腕も脚も細くなるばかり。それでいて体重が増えるのが憎たらしい。
 関節の軸受けを部品交換出来ると好いのだが。

[PR]

by natsuman | 2017-05-12 11:44 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

膝の悩み

d0013739_10312924.jpg膝の痛みに悩まされている。関節に水が貯まったのだろう。
回復気味ではあるがなおまだ正座は難しい。太もも裏がパンパンでギュッと折れないのだ。
まるで太ももの裏に棒を一本挟んだか、あるいはゴム風船を二つに折ったときのよう。
立っている分には宜しい。がとにかく曲げるのが辛い。
一度しゃがんだらもう後がいけない。立つのに往生する。
体操には何とかだましだまし行っている。左脚をギクシャクさせながら。
登るのは好い。が坂を下る時がいけない。どうしても左膝関節に衝撃が加わる。
右手のステッキで衝撃を支える。多少楽になるがステッキを持つ腕は疲れる。
5月3日にマスターズの水泳大会がある。こんな状態で果たして大丈夫か。
泳げないわけではない。問題は飛び込み台に上がれるかだ。それが怖い。

[PR]

by natsuman | 2017-04-22 10:04 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

美味い味の原点は塩にあり

d0013739_09412147.jpg

塩っぱいものは健康に宜しくないと、皆さんそう仰る。
何に付け取り過ぎは良かろう筈がない。
しかし塩分は動物にとって必要なミネラル。塩分なしでは生きられない。
摂り過ぎない範囲で摂取せよというのが実。
なのに何かと減塩を唱える信者の何と多いことか。

昔、秋田の温泉宿で出た味噌汁の塩辛さには閉口した。
口の中で塩がじゃりじゃりするような汁だった。
それを前ニすれば減塩は頷ける。
だが過度の減塩は身体に良くないとの意見もある。

今のところ(この先は分からないから)塩分取り過ぎを心配したことはない。
塩分大好き人間である。
米を主食とする限り、塩分は最高の調味料。
美味い米、梅干し、ごま塩、味噌汁、出来れば海苔に納豆。もちろんぬか漬けも。
と云うような物で頂く日本人の朝食が好きだ。
お宿の豪華絢爛な夕食よりも簡素な朝餉の方が好い。
どれもみな味付けの基本は塩。要はほどほどということ。

昔、羽黒山で修行中に供応される大きな塩味だけのにぎりめし。
その美味さが忘れられない。良い塩梅だった。


[PR]

by natsuman | 2016-12-14 09:41 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

黎明とは夜明けのこと

朝まだき、まだ暗い
空には星が瞬いている
d0013739_09225615.jpg
目を凝らし暗い階段をそろそろと降りる
フラッシュライトの出番
LEDはとにかく電池がもつ 1年前前のがまだ使える
外灯はあっても辺りは闇
朝早い出勤車が狭い道を疾駆
必携は反射タスキ
黎明を迎えつつ息を弾ませ登る
街は夜のとばりの中
d0013739_09223424.jpg
東方に赤みが差す
東の稜線がコントラストを増す
次第に明け染めて今日が始まる
湾上の船はまだ陰の中
白雪の富士山頂に最初の光が当たる
一瞬のモルゲンロート
陽を受けて暖かみを覚えるのはもう少し先
この時間、ここにいるは酔狂の極みか
本日36名
でも幸いなるかな、ではある。




[PR]

by natsuman | 2016-12-02 09:44 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

靴選び

d0013739_15173072.jpg
毎日ではないけれど、朝早く城山を一回りしてからだらだら坂を登り、
ストレッチをして、浅間神社にお参り。
ぶら下がり棒よろしく恰好の木の枝にぶら下がり、
この時だけと脚を精一杯蹴り挙げて、どこかの軍隊みたいに芝生広場を闊歩する。
遙かに富士山を遙拝して(見えればだが)朋友と朝の挨拶を交わす。
やがてラジオ体操の音楽が流れ体操が始まる。

歩数にして4~5千歩。大した歩行数ではない。それでも年間にすれば結構な距離になる。
お陰でそれ用の靴もみるみるくたびれてくる。
表面はもちろんだが、普段見ない底の減り方に驚くこともある。
幸い足癖は悪くない。平均的にすり減っていく。
ところが気がついたら穴が開いていたなんてことも。

気がつけば皆さん足下は結構カラフルだ。子や孫のお下がりという人もいる。
それより今どきのこと。要は高齢者だって少しは華やかさが欲しい。
実際、案外派手な靴を履いていると、それが若々しくてとても良い。
よーし、ならこちらも負けずにと再び靴を探し始めた。
ところが意外にこれはと思うものがない。
田舎とはいえ市内に靴屋は何軒もある。みなスーパーストアだが。
あちこち廻ってもおおコレだというのに出逢わない。
一つあった。オレンジ色。うんこれがいい。

だがサイズが25.5。ボクの足は靴形によっては26.0が欲しい。
履いてみれば少し小さい気もする。まあなんとか履けそうと早速翌日試した。
登りは良かった。が下りで参った。たった1個所、右足の指先が当たる。
そのうち靴の方がなじむと思ったものの、翌朝の下り坂で爪を痛めそうになった。
やっぱりコレは駄目と観念せざるを得ない。

たった2回でおシャカとは実にもったいないが仕方がない。つま先を痛めるよりはいい。
翌朝、オーイ誰かこの靴履けないかと靴サイズを聞いて廻る。
だが不思議なもので皆さんもっとデカイか小さいか。どんぴしゃがいない。
が今朝一人いた。いつも派手な黄色い靴を履いている。
それをバナナシューズとボクは呼び、それを真似したのだ。
何てことはない。そのご当人に再嫁することになった

そこで早速、次なる靴探しを始めた。がどれもこれも気に入ったのがない。
このオレンジ・シューズのワンサイズ上を探すしかないのかも知れない。
靴とは基本的に足が選ぶもの。目に騙されてはいけない。
あらためてそう反省させられた。
(追記)
ないとなると余計欲しくなる。
netで調べた。すると一つあった。
だがオレンジはない。ブラックだけ。
がそそれも良く見ると全部売り切れ。
無念!

[PR]

by natsuman | 2016-11-15 15:36 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)  

自分が知る体調の変化

d0013739_08500886.jpg
このところどうも身体の調子がおかしい。
瞬間ではあるが、不意にぐらりとよろける。バランスを失う。
つい高校恩師が新宿駅のホームで倒れたことを思い出す。
ボクもどこかで倒れるかも知れない。
その時は確実に後方へ。頭を撃つのが目に見える。

朝方、妙に右足ふくらはぎがツル。かちかちに固まり、猛烈に痛い。
あいたた!と必至にこらえ、出そうになる声を飲み込む。
習慣になりそう。
それが心臓で起これば心筋梗塞だよなんて周囲が茶化す。
片足をいたわりながらではラジオ体操も身が入らない。

高齢者の車運転事故が頻発している。
いつかはその仲間入りになる。それもそんなには遠くない。
免許返納が頭の中にちらつく。

[PR]

by natsuman | 2016-11-12 09:50 | 健康保全 | Trackback | Comments(0)