2017年 09月 09日 ( 1 )

 

安房国藩主、ここに没す

何の変哲もない山間の水田。
房州ではあらかた収穫が終わったのにここはまだ。
d0013739_08432295.jpg
昔日、ラジウム温泉として賑わった関金温泉には美作街道が通っている。
交通の要衝。関所があった。
その地からすこし北側に小鴨川の流れがある。
周囲は大山の裾野に続く丘陵地帯。
豊かな伏流水を利用して山間には水田が広がる。
そんな一角、河川敷から段丘を少しあがったところ。
多分この一帯が忠義の屋敷跡だったろう。
d0013739_08433512.jpg
遡ること395年前。
忠義は故郷を再び見ることなくここに終焉する。
今そこには屋敷林であった椎の巨木と小さな祠があるのみ。
目の前には稲穂がたわわに実っている。
彼ら士従が十分に口に出来たか痛ましい。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-09-09 09:08 | 歴史諸々 | Trackback | Comments(0)