2017年 08月 03日 ( 1 )

 

天の采配、その2

前回、地面がまだ乾いていて、雨が欲しそうなことを述べた。
いや、祭りを心配した。
案の定、宵宮が大雨に。氏子たちが気の毒。
山車を引く子供たちも困惑したろう。
明けて昨日、まだ雨が残っていたが一路千葉市へ。久しぶりの射撃場通いだ。
その前に警察署の火薬消費許可を取らねばと、
何度も書き直した申請書を持って千葉東警察署の階段を登った。
その途中、古い許可証は返還しなければと何気なく見たら、
何だまだ有効期間があるじゃないか。
なら申請の必要はないとそのまま射撃場へ。
オレは一体何をしてるのかとぼやいても始まらない。
千葉市内は雨の気配は残っているが一応はあがっていてやや涼しい。
膝と肩を気にしながら久しぶりに標的めがけて必死に打ち込んだ。
がこれがどうにもならない。
はじめの3発までは良かった黒点にほぼ三発、同じ所へ入った。
だがその後がいけない。
緊張が切れたか、四角い台紙の白にも当たらない。
おまけに手順を間違えて火薬を装填せずに弾丸を込める始末。それを2度やった。
銃身を外し、後端の尾栓を抜き、カルカで突いて弾を抜き出さなければならない。
気が滅入る。それを2回も。お粗末の限り。
ああオレは駄目だと自覚せざるを得ない。
何せ78。そんな歳まで撃ってる人は殆どいない。
写真なんか撮る間もなかった!

[PR]

by natsuman | 2017-08-03 14:45 | 天候気象 | Trackback | Comments(0)