2017年 07月 31日 ( 1 )

 

海の見える町

d0013739_08450197.jpg
館山湾の奥、海岸通り沿いに今も昔のままの土地がある。
元造船所だったという。その名もずばり館山造船。
1963年にこの地へ来て以来、同じ姿をさらし続けてきた。
海中へ延びる僅かなレール跡が造船所だったことを物語っている。
海岸や港内が公共地なのにここは私有地だ。
海辺の町にとって海辺の土地は利用価値のある場所。
だが50数年、有効利用された形跡はない。
その先、同じ海岸道路沿いに元水産高校の校舎がある。
総合高校の水産校舎としてなお利用している。
とはいえ広い土地と建物は空き屋同然だ。
お陰で海岸通りもこの辺りは夜が暗い。
何とか海辺の町らしく有効利用出来ないものか。
沖には海自の掃海母艦と練習帆船が。
もしかしたら”うらが”と”海王丸”か。
いや”ぶんご”と”日本丸”か。
いつぞやの風景である。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

[PR]

by natsuman | 2017-07-31 09:01 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)