2017年 06月 15日 ( 1 )

 

野ウサギが

d0013739_09032652.jpg
昨日、リハビリから帰ってきた時、我が家への小道に黒っぽい小動物がいた。
あれ、何だと思った瞬間、ピョコンピョコンと坂を登って行った。
ありゃ、これは野ウサギじゃないか。こんな所でこれは珍しい。
黒っぽく見えたものの良く見れば濃い焦げ茶色。耳は短く、腰は老人みたいに落ちている。
それでいて後ろ足は長い。やはり野ウサギだ。
とっさにカメラをと思ったがそんな余裕はない。ゆっくり車で後を付けながら見守った。
やがて近くのお宅へ走り込み、車の脇で一度立ち止まってこちらを伺い、やおら城山の藪に潜り込んでいった。野ウサギの習性そのままに。
これまでも我が家の周辺にはいろいろな動物を見かけた。
鳥類はキジ、ヤマドリ、コジュケイ、その他諸々の小鳥まで。飛んでいる鳥を含めれば種類は数え切れないほどに。
四つ足つまり獣類はイタチ、タヌキ、ハクビシン。そこへ今度の野ウサギが加わった。
猟をしていた頃は畑廻りでよく見かけた。糞が落ちていれば近くに必ずいたものだ。
しかし、いくら田舎でも住宅地に出てくるのは珍しい。これも過疎化の影響だろうか。
自宅から望む向山では既にシシの発見が話題になっている。庭先の畑にイノシシが出るのももう時間の問題だろう。
画像はnetからの借用。出来るだけ実見した印象に近いものを使用した。

(蛇足) 一口にウサギと言うがラビットとヘアーの2種がある。
 日本で動物園やペットとして飼われるウサギは欧米由来のラビット。
 だが日本の山野にいる野ウサギはヘアーである。
 日本の野ウサギとヨーロッパの野ウサギは違うのだ。
 ラビットは地下に巣穴を掘るので通称穴ウサギとも云う。
 それが原因して農地にやたら落とし穴が出来る。
 だから欧米の農家からは嫌われる。一方その愛らしさからピーター・ラビットの話も生まれた。
 でも因幡の白兎の神話はあっても、日本にピーター・ラビットはいない。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-06-15 09:23 | 自然環境 | Trackback | Comments(2)