2017年 05月 04日 ( 2 )

 

付録、国際プール

以下、付録である。
国際規格の水泳競技場とはこんな雰囲気。
但し、パノラマで撮っている。
画像は左右にひしゃげている。
左右のプールは真っ直ぐ横に並んでいる。
辰巳のプールももちろん同じ仕様か。
d0013739_15110943.jpg
テレビでは良く選手がゴールした瞬間、サッとボードを見上げる姿が恰好良い。
ではオレもと真似るが、視力の弱った目、乱視では全然見えんのです。
第一、息せき切ってゴール版にタッチした後、年寄りにそんな余裕はない。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-05-04 15:14 | スポーツ | Trackback | Comments(0)  

老いも若きもマスターズ

d0013739_15023117.jpg
 神奈川県の相模原市の総合水泳競技場で行われた日本マスターズ短水路水泳大会に行ってきた。この老身も出場。もちろんタイムは問題外。出場することに意義がある。
 とそこで終われば良かったが、二三余計なことを付け加えねばならない。

 この一月、膝の痛みに悩まされてきた。左膝に荷重がかかるとギツンと痛む。歩く際も左脚を庇いがちだったから肝心のバネがへたっている。水泳なら膝に負担はかからない。しかし大会となると問題がある。スタート台から飛び込まなければいけない。頭痛の種だった。
 台は小さく思ったより高い。しかも前方に向かって傾斜している。そこへ登るのが困難。もう一段あるとか、せめて棒が一本立っていればといつも願う。
 スタートは呼び子の合図で整然と行われる。もたつくと時間切れで失格。何とか上がったものの、思わず痛む左脚が前のスタンスに。あ、しまった!と思ったが遅い。力が入らない方で踏み切る羽目になった。
 そんな個々の事情には構わず、ヨーイ!、ピー(ドンではない。電子音)と冷たくスタートの合図が鳴る。どうしようもない。よろばいながら前方へ飛び出したつもりだった。
d0013739_15281000.jpg
 ところが踏み切りが甘い。いつもなら頭からスポッと水中へ入るはずが、胸をしたたかな打ってしまった。上半身に衝撃が走る。まるで母艦に着艦するジェットのようだった。水中で思わずウッと唸った。一瞬頭が白くなり、あとはもう無我夢中。手の平はこう返し、腕はこんな具合に、ピッチを上げ大きく掻き、左側の泳者より先に出ろ、なんて馬鹿なことを考えて挑んだはずだったが、一瞬の内に消えて、ゴールまでただもう無我夢中で・・・・。
 スタートに失敗した。それで許される水中での一掻き一蹴りが一瞬、二掻き一蹴りになったらしい。後でそうコーチに言われた。厳密に言えば泳法違反。審判がしっかり見ていれば失格。でも余りのお粗末さに見逃してくれたか。実際、泳法違反は年配者に多いとコーチは語る。
 タイムは我がチームの三つ上の先輩よりも遅い。情けなさが沸き上がった。
 
d0013739_22201423.jpg
 写真中に小生はいない。カメラを構えているのが自分だから・・・・・。

 終わって地元に帰り砂払の席へ。来年はこの席だけ出ると発言したら、そりゃ駄目だ、とにかく競技に出ることが大事なんだとさとされた。では行っても良いが、アッププールでの演習だけにとどめたいと云ったら、ただのジョークと受け取られてしまった。本気だったんだが・・・・・。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
[PR]

by natsuman | 2017-05-04 14:37 | スポーツ | Trackback | Comments(0)