2017年 03月 23日 ( 1 )

 

大統領の自己愛性

d0013739_12083087.jpgトランプはある種の偏執症だというニュースが流れてきた。
アメリカの精神学者が云うには、彼は「自己愛性パーソナリティー障害」(NPD)なんだそうな。
「NPD」とは、9項目からなり、大統領にはそのうち5つ以上があてはまると。
曰く、自分の過大評価、実績や才能の誇張、過度な称賛の要求、相手の不当な利用、共感性を欠く、傲慢、横柄な態度をとる、等々。
自己愛性の傾向というものは多くの人にあるが、そのうち実際に「NPD」と診断される人は1%程度。その1%に入る人物とはねえ。
でもこれを読んで頷く人も結構いるだろう。
しかし本当にそうだとしたら、これは悲劇だ。始まったばかりなのに今後どうなる?
アメリカだけで済めばまだいいが、そうはいくまい。迷惑千万ではある。

[PR]

by natsuman | 2017-03-23 13:18 | 時事世論 | Trackback | Comments(0)