目が食べたかった

d0013739_13262874.jpgアメリカからの面白い話し。
生物は、暮らしやすい水中環境からなぜ抜けだして陸へ上がったのか。その新説である。
調べてみると、そういった生物は、どれもみな目がそれまでより3倍も大きくなっていたという。
つまり目が良くなったことで食欲をそそる餌が沢山目に入り、それで陸へ進出したのではないかと。
たったそれだけのこと。だがこれまでの生物学の常識を大きく変えるかも知れない。
ムツゴロウ君はまだこれからだね。ええ、一生懸命這い上がっていますよ!


[PR]

by natsuman | 2017-03-25 15:47 | 自然環境 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://natsuman.exblog.jp/tb/24017994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 神話は誇るべきこと 証人喚問 >>