忘れたわけではない

今年は3月10日。3月11日の事について記事にしなかった。
どちらも深い思い入れがある。
涙なしにはとても語れない。が毎年のことだからと今年は少し後ろへ下げた。
10日は東京大空襲の日。この他にももちろん全国の主要都市が爆撃された。
それはどこも東京空襲と同じように悲惨な出来事だった。
だから東京だけをとやかく言うのは偏っている。そう思って今年は記事にしなかった。
それにしても米空軍のル・メイと云う将軍.。この人ほど多数の民間人殺害を目的にあからさまに作戦を実行した男はいないだろう。
その男に日本は勲章を授与した。航空自衛隊創設に貢献があったと。
昭和天皇はいやがって式に出なかった。
11日はもちろん東北大震災。3ヶ月後惨憺たる現場をみて声も出なかった。
地震もさりながら津波の恐ろしさを目の当たりにした。生涯忘れないだろう。
今年はその6年目。深い思いがありながらぼやぼやしていたせいか黙祷をし損なった。
あの時、老生は家内の運転する車に乗っていた。いきなり横っ飛びに車が揺れた。
何をふらふらしているかと声を上げて、一瞬ハンドルを押さえたのを覚えている。
車ごと揺れていた。
遅かり乍ら黙祷!

[PR]

by natsuman | 2017-03-14 21:16 | 事故災害 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://natsuman.exblog.jp/tb/23975088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 大統領弾劾 頑張れど、ままならず >>