四檣バークとは四本マストの大型帆船のことなり

d0013739_8521486.jpg
 赤富士以来、何となく筆が進まない。投稿が滞っている。いやここはキーボードの指が踊らずと書くべきか。
 でもどこかへ出かけているわけではない。ちゃんと毎日家にいる。家内は出かけてもボク自体はどっしりと在宅である。
 毎日パソコンを開いてはオークションを見たり、ひとさまのブログを覗いたりしている。が自分のに関してはその後の天候と同じ。はっきりしないまま過ぎていく。
 といって気落ちしているわけではない。このところの生活に変化が乏しく投稿すべきテーマが今ひとつ浮かばないのだ。
 世情に疎くなったわけでもない。テレビを見て新聞を読んでいれば、何かしら感動や批評批判が口をついて出てくる。それをテーマにすれば良いのだが5分後には肝心要を忘れてしまう。
 正に光陰矢のごとし。今さら歎いたって始まるものでもない。
 たまにメモすることがある。その時だけは何とか投稿が出来るのだが・・・・・。

 画像は今朝の館山湾。暗い海に四檣帆船が入っている。はじめはもしかしたらチリ海軍のエスメラルダ号かと思った。 
 エスメラルダは世界でも美しい帆船の代表だろう。元々はスペインの海軍の練習船として建造が始まったが、スペイン内戦の関係から賠償品としてチリ海軍の手に渡った。
 丁度今頃日本のどこかに来ているはず。これは久しぶりのご対面かと思った。

 40年も前のことだが、エスメラルダが初めて日本へ来たとき、この湾でしばし憩をとった後、確か東京港へ入ったはずだ。
 その折、日立シュプラルマル社製の水中翼船と帆船という、素敵なコラボレーションを撮ったことがある。
 でも良く見れば航海訓練所所属の練習船日本丸のようだ・・・・。
 でもなあ。エスメラルダは船齢50年は越えているのではないか。もしかしたらそれ以上かも知れない。相当なおばあさんのはずだ。日本だったらとっくに廃船なのに。
 そう思ってみると日本丸もそうそういつまでも現役でいられない。なにせ日本の船はみな寿命が短いから・・・・・。
d0013739_1791227.jpg
(お詫びと訂正)
 エスメラルダのことを間違えてました。記憶違いです。
 同船はチリ海軍の練習船であることに違いはありませんが、出自が違っていました。
 本来は、スペイン海軍の練習艦となるはずで同国で建造が始まりましたが、スペイン内戦の関係からチリ国へ賠償の一環として譲渡されたものです。1953年の進水。船齢は彼此63年となるはずです。
 なお日本丸は4本マスとのバークという帆装。エスメラルダも4本マストですが、こちらはバーケンチンという帆装タイプ。この方がバークより小人数で操帆できるそうです。
[PR]

by natsuman | 2016-10-09 09:50 | 艦船舟艇 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://natsuman.exblog.jp/tb/23540613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 火縄銃事故が・・・・ 富士も赤く微笑んで・・・・ >>