小説"雪国"と駒子        1月14日

d0013739_15583134.jpg
 これ越後湯沢の古い温泉宿”高半”旅館に残されている川端康成先生が「雪国」を執筆した部屋。今はもうなかなか見られない古い時代の情緒ある部屋である。
d0013739_1613762.jpg  これが小説に出てくる駒子のモデルとされた女性。なかなか活発な人だったとみえる。この人平成12年に没した。その言に「小説の通りでしたよ」とあるそうだ。川端先生とどういう関係があったかは知らないが。d0013739_16133393.jpg
[PR]

by natsuman | 2010-01-14 16:14 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://natsuman.exblog.jp/tb/10663152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 海端安子 at 2010-01-15 17:11 x
情緒はあるけど、寒そうなお部屋ですねえ。
Commented by natsuman at 2010-01-15 17:30
そうですねえ。昔は火鉢か炬燵しか暖房がありませんからね。あとは何度も湯に入りにいくしかないですね。

<< 穏やかな一日         ... とんでもない事件が・・・・     >>